« ヤマセミ(3) ~ 天ヶ瀬 | トップページ | ヤマセミ(4) ~ 天ヶ瀬 »

2009年8月22日 (土)

しまなみ海道サイクリング

土曜日に以前より目標としてきた「しまなみ海道」を走ってきました。

距離的には80km程度なので、大したことないと思っていましたが、後半部分で膝が痛くなって上りはかなり苦労しました。

若いころは150kmくらい走っても何ともなかったのですが・・・・

まあ、とにかく「しまなみを制覇した」ということで、自己満足しております。

行程は以下のとおり、日帰りです。

1.京都~尾道 : JR(輪行)で楽をしました。

2.尾道~向島 : フェリー(といっても渡船です。自転車込みで70円)

3.向島~今治 : サイクリング

4.今治~京都 : JR(輪行)

GARMIN LEGENDによるトラック記録をカシミール3Dで表示したものです。

Gps

次に高度記録です。(ソフトは同じくカシミール3Dです。)

これを見ると、上りのほとんどが橋を渡る時のもので、そのほかは概ね平坦です。ただ、後半の大島は膝の不調も相まってヘベレケでした。

Photo Photo_3

全走行距離は80.6km、走行時間は4時間46分、平均時速は16.9km・・遅いですね。

尾道駅で、クーポン券(250円)を購入。(通常は通行料として500円のとこと、しまなみ海道10周年記念ということで優待割引クーポンとして半額になっていました。)

通行料(今回はクーポン)は都度無人ボックスへの投入です。

カメラを持ってきてなかったので、携帯電話での撮影です。見苦しい写真ですが容赦。

Photo_5 

クーポン表

Photo_6

クーポン裏

Photo_7

他にも20~30名程度の人が自転車で渡船乗り場まで向かっていました。

渡船に乗り込んだところ。愛車のCOLNAGO Master X Lightです。

Photo_8

福本渡船と表示されてます。

音戸渡船と比べると立派ですが、料金は70円ととってもリーゾナブルです。

Photo_9

最初の因島大橋。

Photo_10

この橋は二重構造となっていて、上が車で下(次の写真参照)が歩行者、自転車、原付です。

Photo_11

続いて、生口橋です。綺麗なつり橋です。(写真は見苦しいですが)

Photo_12

2

生口島で、昼食。何気なく寄った「しま一」という小さな店です。

Photo_13

注文したのは「たこめし定食」(880円だったか)。お客さんもたくさんいて、出来上がるまで時間はかかりましたが、たこの刺身は新鮮で美味でした。

Photo_14

腹を落ち着かせるため、目の前の耕三寺に立ち寄り、中にある地獄絵を見物。いや~地獄には行きたくないですね。

3

続いて多々羅大橋。

Photo_15

大三島橋。

Photo_16

伯方島について伯方の塩ラーメンを食べようと思っていましたが、断念。

道の駅で伯方の塩ソフト(250円)を食べました。塩分補給?できました。

続いて、伯方・大島大橋。(本当はものすごく綺麗な海なのですが・・・)

Photo_17

2_2

伯方・大島大橋を渡って、大島に入ると厳しい上りが二か所待っていました。膝痛の私には厳しかったです。

最後に来島海峡大橋です。

Photo_18

大橋の下の潮目がなんとも言えない味を出していました。

Photo_19

会社の仲間合わせ4名での楽しいサイクリングでした。

いや~走破できて良かった・・・汗)

« ヤマセミ(3) ~ 天ヶ瀬 | トップページ | ヤマセミ(4) ~ 天ヶ瀬 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、宮古島のpenpen385です。
ともぺいさんもロードされているんですね。
自分もデス↓↓
http://blog.livedoor.jp/orca385/

いつもPENTAXかついで走っているんですよ。
来年ロードとBorgを持ってこられませんか?
ツール・ド・宮古島とアカショウビンが一度に楽しめますよ!
リンクさせていただきました!

どうもです。

自転車は、単なる輪行サイクラーで、ロードしてるなんておくがましくも言えません。
中学当時ランドナーなる自転車にあこがれて、サイドバッグを付けてサイクリングをあちこち回りました。
自分は広島出身ですが、一番遠くで指宿まで行った程度です。(もちろん宮崎まではフェリーですが・・・)

社会人になってからは、当分ご無沙汰になっていましたが、メタボ解消のため再び乗り始めたのが運のつき。

昔のなんとかに火がついて、COLNAGOまで散在してしまった始末です。ということで、現在は、80kmしか走れないなんちゃってサイクルおじさんです。

それでも、自転車で走ると「気持ちいい」感覚はいつまでたっても同じです。

penpen385さんは、何とも渋い自転車に乗っているのですね。
私も通勤自転車にシンプルなシングルギヤを検討したことがあったのですが、へなちょこ脚なのであきらめました。
ほんと、カッチョいいですね。

トライアスロンは、息子と娘が小学生のころ、音戸で開催されるジュニアトライアスロンに何度か出て、その付き添いとしてまじかで見ました。
競技をされている人には、関心します。
夫婦で共通の趣味を持っているなんていいですね。

宮古島、あこがれの島でもあります。
定年すれば、いけるかな?

私も相互リンク張りました。
今後ともよろしく。(^.^)

追伸)385に意味があるのですか?(いえいえ単なる興味だけなのでまじめに返答してもらわなくて結構です)

8月22日のしまなみ街道の記事、見ました。ひさびさに自転車もいいのかなぁという気持ちにはなりました。いまの体力ではまずむずかしいだろうなと思います。しかししまなみは自転車ではしるのがいいなというのはつたわりました。花火のアップみました。やはりみごとでした。まもなく京都ともお別れですか。わたしは9月の連休にまた九州にドライブを計画しています。家族で。たぶん九重と別府の温泉になると思いますが。

jamkenさん

サイクリングは何歳になっても、いいですぞ。ただし、無理は禁物です。私の場合は、電車を使わない場合でも必ず輪行袋を持参します。理由は簡単、途中で足が痛くなったら、自転車をたたんで電車で帰れば良いからです。すると、気分も軽くなります。
ぼちぼち行きましょう。笑)

ブログは不特定多数の人が見ますので一部編集してます。あしからず。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道サイクリング:

« ヤマセミ(3) ~ 天ヶ瀬 | トップページ | ヤマセミ(4) ~ 天ヶ瀬 »

カテゴリー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30