« アカショウビン(赤翡翠)の羽伸ばし | トップページ | オオヨシキリ(大葦切) ~ 松どまり »

2010年6月16日 (水)

ヒバリ(雲雀) ~ 飛びもの練習

梅雨入りしましたが、今日は暑かったですね~

昼休みの楽しみがこの雲雀さんです。

囀りながら、空高く上がって行く様子が面白く、飛びものの練習がてら撮影してます。

かつては飼いならした雲雀を籠から出して、囀りと上昇した高さを競う遊びがあり、「揚げ雲雀」と呼ばれていたとのこと。(週刊野鳥の世界より)

Imgp2773_

Imgp2738_

Imgp2776_

後は、いつもの飛びものです。

Imgp2653_

Imgp2780_

Imgp2920_

少しずつ、歩留まりが上がってきたような・・・ツバメでの練習の成果が・・・(^^ゞ

« アカショウビン(赤翡翠)の羽伸ばし | トップページ | オオヨシキリ(大葦切) ~ 松どまり »

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

DA55-300mm」カテゴリの記事

ヒバリ」カテゴリの記事

K-x」カテゴリの記事

コメント

ヒバリといえば“春”のイメージですが、囀りながら天高く昇っていく様子は気持ちがいいですね!
私も、ツバメ相手の飛びもの練習が、じわじわ効いているのを実感しているところです。

sugitetuさん、おはようございます。
私も初めての時は、声は聞こえるのに姿は見えずで、真上でホバしながら囀っているのをみてビックリしましたよ。
それにしても、昔の人の揚げ雲雀、足に縄でも付けていたんですかね?
(3台のHDDにミラーリングとは流石ですね。さながらサーバーですね。私も考えよっと。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカショウビン(赤翡翠)の羽伸ばし | トップページ | オオヨシキリ(大葦切) ~ 松どまり »

カテゴリー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30