« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

ソリハシシギ(反嘴鴫) ~ 太田川河口

いつもの通勤鳥見のソリハシシギです。

護岸で潮が引くのをこうやって待っています。

Imgp2896_

右端の子は、この場所で水浴びしてました。

Imgp2891_

ソリハシシギの真上から撮影したものです。指の付け根にしっかりヒレがあるのが良く分かります。

Imgp2908_

最近、シギチの数が少しずつ減ってきているような・・・

キョウジョシギ(京女鷸)

今朝の自転車通勤鳥見は不調で、いつも見るキアシのゼロ。八幡川ではイソシギ、太田川河口ではソリハシとイソシギさんのみでした。

う~ん、なぜあんなにいたキアシがゼロなんだろう・・・と悩みながら、昼休みに太田川河口に出て見ると、見なれないシギさんがとまってました。

キョウジョシギです。

ギラギラ太陽で、もやっとした画像しか撮れませんでしたが、初見初撮りでした。

Imgp2665_

左側の三羽は、キョウジョシギの幼鳥のようです。

(SSさん、いつもありがとうございます。)

Imgp2613__2

幼鳥を拡大すると、こんな感じですが、成鳥と全然似ていません・・・・

Imgp2629_

でも、飛翔時の羽の模様の感じはそっくりです。

Imgp2717_

Imgp2714_

どうです、似てるでしょう。これで確信しました。(さすがSSさん)

Imgp2782_

大きさはソリハシシギとほぼ同じ感じです。(これは夕刻の写真)

Imgp2861_

成鳥が一羽で佇んでいたところに、幼鳥三羽が迎えに来て、どこかへ飛んで行きました。

鳴き声は、キアシシギやソリハシシギとも違う感じです。

次は、もっと綺麗に撮りたいですね~

2010年8月30日 (月)

灼熱の浜で ~ ダイサギ

灼熱の浜で、変わった鳥さんはいないかと双眼鏡片手に汗ダクダクで探していました。

それにしても、このウミネコの数・・・なんとかならんか~

Imgp2268__3

浜に降りているやつ、海に浮かんでいるやつ、飛んでいる豆粒・・・これ全部ウミネコです。

Imgp2270_

しかし、この中から、一羽の珍鳥を探すとは・・・珍鳥ハンターでないと真似できません・・・(^^ゞ

すると近くで京女鷸が出てると聞き、探してみたが・・・・

このギラギラ太陽で、気力も落ちてきた頃、一羽のダイサギが降りてきました。

Imgp2233__2

撮影するつもりはなかったのですが、海のブルーに白がとても眩しかったのでパチリ。

少し近づくと飛ばれてしまいました。

Imgp2235_

サギを撮影することは少ないのですが、良く見ると美しい羽の持ち主です。

一瞬の清涼をくれた気がしました。

(チュウサギと表記してましたが、顔を見るとダイサギだったので訂正します。)

2010年8月29日 (日)

キリアイ(錐合)

遠征先で、現地の鳥のお師匠から電話が入り、「キリアイが居るよ」ということで直行!

実は、キリアイという名前はシギの仲間というくらいで、特徴とかよく知らない状態で撮影してました。

「あそこにキリアイが3羽くらいいるから」という情報でとにかく目の前のシギをバシバシ撮影。

「3羽以上いましたね」と私が言うと、「トウネンの中に混じっていたからね・・・」。

なぬ?どうやら私がキリアイの♀と思ってバシバシ撮影してたのはトウネンでした。

でも、色の濃い方(現地で勝手にキリアイの♂と判断していたもの)も撮影してたので、事なきを得ました。

(※キリアイは♂♀同色らしい)

Imgp8554_

後からパソコンで画像整理して、図鑑と見比べてようやく気付きました。

キリアイの特徴は、何といっても太くて長い嘴です。

そして、先端が少し下に折れ曲がっています。

Imgp8532_

それから、太い頭側線です。

Imgp8414_

Imgp8529_

現地で混群を撮影する時は、とにかく多めに撮影しておきましょう!

Imgp8587_

後からじっくり見ると、差が分かりますが、現地で撮影している時はちょっと色の違ったやつという感じで分かりにくいです。(ベテランの方は、心得ておられると思いますが・・・)

Imgp8650_

キリアイ、次にいつ会えるか分かりませんが、こんなに近くで見れるのはもうないかも?

Imgp8426_

2010年8月27日 (金)

今日の通勤鳥見

自転車を走らせてると、串戸港付近の工場屋根あたりから、イソヒヨっぽい鳴き声が聞こえたので、覗いてみると・・・

Imgp1960_

もろに逆光です。真黒な鳥さんでしたがカメラ内現像するときにかなり持ち上げてようやく色がうっすら出てきました。イソヒヨ♂です。(久しぶり~)

数枚撮ると、直ぐに海の方に飛ばれたので追いかけると、カワセミが現れました。

Imgp1927_

最近色んなところでカワセミを見かけるようになりましたね~

八幡川の様子を見に行くと、愛想のないウミネコの群れの中に真っ白な可愛い姿が・・・

Imgp1931_

久しぶりだよ、ユリカモメ。

それに加えてウミネコはふてぶてしい顔してるね~

Imgp1957_

散歩しているオバちゃんが「今年はやけにウミネコが多いね~去年の今頃は可愛いユリカモメが沢山きてたのに・・・ウミネコならパンをあげる気にもおきないね~」と・・・(^^ゞ

確かに、ウミネコの数は多いです。この浜だけでも300羽くらい集まってきます。

その中で、ただいまユリカモメは1羽だけ。

続いて、お昼休みの太田川、いつものソリハシシギとキアシシギが出迎え~

Imgp1964__2

ソリハシシギの飛翔姿は、風切の白が目立ちますが、キアシシギさんは地味ですね。

Imgp1973_

帰り道で再び八幡川の様子を見て見ると、いつものオバシギの姿が見えません。

その代わりに、少し大きめのアオアシシギさんがユリカモメと行動を共にしてました。

Imgp1981_

アオアシシギの夏羽みたいですね。

Imgp2082_

K-xのおかげで、夕がた暗くなってもソコソコ撮れるので、重宝してます。

自転車通勤のすすめ

自転車通勤を再開して、2カ月が過ぎました。

もともと、メタボ対策で始めたんですが、成果は△1kgです。

7年前に同じチャレンジした時の日付と体重減のグラフが下図です。

Photo

この時は2カ月経過で3~4kg減ってますが、今回はなかなか落ちません。

まあ、前回は油ものとかコーヒーも制限してたので今回とは気合いが違ってましたが・・・

(今回は自転車通勤のみで、食事制限ゼロ・・・)

ただ、体脂肪率は確実に減っているので、まあ長い目でみることにします。

自転車通勤で良いことはまだあります。

環境にいいのは当然ですが、通勤の間に鳥見も自由に出来るようになりました。

通勤時間内での鳥見は、朝(つまり行き)が約30分、お昼休みが約20分、夕(つまり帰り)が約30分でトータル1時間30分です。

でもこの1時間30分が私にとっては貴重な時間なのです。

今日見た鳥さん達は、朝から順番に並べると、

八幡川河口にて、

カワセミさんのホバ

Imgp1625_

太田川河口にて、キアシシギさん

Imgp1646_

お昼休みに入って、太田川河口で、ソリハシシギさん

Imgp1670_

西飛行場裏で、ヒバリさん

Imgp1673_

会社近くの用水路で、カワセミさん

Imgp1697_

帰り道、八幡川河口にてキアシシギさん

Imgp1892_

オバシギさん

Imgp1852_

自宅前の御手洗川河口に着くのが7時過ぎです・・・

Imgp1903_

さあ、このブログを読まれてるあなた、そうあなたですよ。

自転車通勤を始めませんか。

今から、秋に入ると、朝の風がとても気持ち良くなります。(今は暑いですが・・・)

2010年8月26日 (木)

トウネン(当年)

先週の御手洗川河口のシギ達です。

まずは、トウネンさん。

和名で「当年」と呼ばれますが、面白い名前ですね~

インターネットで調べると、「当年は成鳥になっても今年生まれたように見える所からついた。」とのことらしい。

シギの中で最も小さい部類で体長15cmしかなく、体が小さいことが名前の由来みたいです。

私は、初見でしたが、とても可愛いですよ~

Imgp8258_

シロチドリと一緒に、採食してましたが、シロチドリより小さいのが分かりますね~

Imgp8247_

Imgp8236_

昼のギラギラ日差しは厄介ですね~、鳥さんの色も綺麗にでないし、何より人間がまいります・・・

後、居たのは、いつものキアシシギさん。

Imgp8346_

ひょうきんなソリハシシギさん。

Imgp8340_

背中の羽が飛び出てたイソシギさん。

Imgp8142_

そして、いつも和ましてくれるシロチドリさん。

Imgp8102_

その他、アオアシシギさんが入っていたみたいだけど、私はまだ見てません。

それにしても、灼熱地獄やな~

2010年8月25日 (水)

アカアシシギ(赤足鷸)

先週、御手洗川河口にアカアシシギさんが来てくれました。

(ゆうきくん、tabibitoくん、お世話になりました。)

一番最初に気づいたことは、キアシシギの単調な声と違って、少し澄んだ感じで色々な鳴き方をしてくれるのでどこにいるか良く分かります。

つづいて、その足の長いことですね。

Imgp8025_

Imgp7822_

お隣のキアシシギと比べるととてもスマートで長い足です。

どうも、幼鳥らしく、足の色の赤みが薄いですが足先は濃いですね。

Imgp7825_

歩き姿は、やはりスマートです。

Imgp7833_

雨が沢山降った以降、川上から色んなものが流れて河口がかなり汚れてます・・・

Imgp7876_

手前にいるのはソリハシシギです。

Imgp0808_

なんとボケボケな飛翔姿・・・・実物は白い羽が輝いて、とても綺麗です。

また、来てくれないかな~

2010年8月24日 (火)

ヤマトタマムシ(大和玉虫) ~ 宮島

コゲラさんに一糸報われたところで、帰路についていたら、鳥友が何かを見つけました。

そこにはキラキラ光るタマムシが居ました。

タマムシを見るのは子供のころ以来なので何十年ぶりだろう・・・(^^ゞ

しばし夢中で木にへばりついたタマムシを鳥友と私の二人で至近距離から撮影していると、観光客から(宮島なんで観光客が多いです)、何か居るんですか?と・・・・

(きっと、変な眼で見られてたに違いない!)

Imgp9819_

う~ん、このメタルボディ、なかなかのもんです。

Imgp9835_

この怪しい光もいいですね~

Imgp9852_

あんまり二人が追いまわすもんだから、木の天辺に上がり次の木に飛んで行きました。

Imgp9869_

こんなことなら、マクロをもってくればよかった・・・・残念。

鳥枯れのおり、貴重なモデルさんでした。

コゲラ(小啄木鳥) ~ 宮島

コサメビタキに会いに盆前に宮島に行きました。

会えるには会えたのですが、サービス悪くなかなか出てくれません。

帰り際で遊んでくれたのが、このコゲラさんです。

Imgp9770_

サービスいいコゲラさんだったのですが、なかなか目に光が入ってくれません。

Imgp9791_

コゲラさん、遊んでくれてありがとう!

2010年8月23日 (月)

オバシギ(尾羽鷸)

今朝、出勤時に太田川河口を自転車で走ってると、土手の這いつくばって歩いているシギさんを見つけました。

なんか、見た感じ茶色っぽかったので、最初はウズラシギか~と思いましたが、後から先輩バーダーの確認してオバシギと判明。(その節はお世話になりました。)

私にとってはオバシギも初見初撮りです。

Imgp1144_

いつも見るシギさんは、警戒心が強く、近づくと直ぐに飛んでしまいますが、今朝のオバシギはとてもフレンドリーで、どんどん私に近づいてきます。

Imgp1185_

さらにドンドン近づき、ついには目の前で、ゴカイの奪い合いを始めました・・・

Imgp1202_

それにしても、オバシギさん綺麗な鳥さんですね~(これノートリ)

Imgp1282_

しばし、見とれてしまいました・・・・

シギチはいつも炎天下の中で見ることが多いのですが、朝方の光の方が綺麗に見えます。

Imgp1238_

こんなフレンドリーなオバシギさんに次いつ会えるか分からないので、嘴と足に注目してみました。

嘴の鼻孔を見ると、突き通っているんですね。

Imgp1226_

足の爪は鋭く、爪の色は黒色ですね。

Imgp1251_

ボケボケの飛翔写真ですが、腰羽の色が白で模様がないのがオバシギの特徴らしいです。

シギチは判定が難しいので、飛翔写真も出来れば撮影しておきたいですね。

Imgp1071_

帰宅時は、二羽とも八幡川河口に移動していました。

左側に見えるのは、ソリハシシギさんです。

Imgp1338_

続いて、キアシシギさんとの大きさ比較。キアシシギよりちょっと大きめですね。

Imgp1390_

今から、シギチの秋の渡りが本格化してくるので、新しい出会いが楽しみです。

朝日

日が昇るのがだんだん遅くなり、愛犬散歩時には眩しい太陽ではなく赤い太陽が見れるようになってきました。

いつも、鳥さん用に300mmのレンズをぶら下げて、散歩してるのでこんな風景は今一つですね。

Imgp1052_1

そのうち、日が昇る前になるんでしょうが・・・(散歩はいつも同じ時間です)

2010年8月22日 (日)

ツツドリ(筒鳥)

アオバトの帰りにツツドリさんが出てるということで、公園に寄ってみました。

桜の木についた毛虫を食べるということで、桜の木を転々と回っているみたいでした。

最初は露出が合わず、顔以外は真っ黒・・・(^^ゞ

Imgp7958_

胸の縞模様が綺麗ですね。

Imgp7970_

口の中が赤いです。

Imgp7987_

Imgp7998_ 

ツツドリさん、今まで声は聞いたことあったのですが、初見初撮りでした。

現地で、先輩カメラマンの方、大変お世話になりました。

今度は赤型を見てみたいです。

2010年8月21日 (土)

アオバト(青鳩)

今日は、アオバトの海水飲みする磯に行ってきました。

現地に到着すると、すでに沢山のアオバトが上空をぐるぐる回っていました。

Imgp0949_

ざっと数えると50羽近くは居たと思います。

Imgp0936_

Imgp0899_ 

Imgp0892_

まずは、少数の先発隊が様子を見に来て、大丈夫そうだったら磯近くの枝にとまります。

Imgp0922_

仲間はそれをみて、続々とその枝に降りてきて、次に磯にあるテトラポットに降ります。

Imgp7914_

Imgp7932_

Imgp7936_

そこで、いよいよ海水飲みに移るのですが、辺りに人影があると警戒して目の前では海水近くまで降りて行きません。

Imgp7895_

結局、人影が見えない反対側の海水を飲みに降りて、飛び立っていました・・・

Imgp7902_

ということで、今日は海水飲みを見ることはできませんでしたが、これだけの数のアオバトを見ることができ、楽しい一日になりました。

現地でお会いしたCANONの御仁、大変お世話になりました。また、リベンジに行きたいと思います。

2010年8月19日 (木)

アオサギ(蒼鷺)の食性

昨日の太田川での出来事です。

アオサギくん(さんかも?)が、何やら格闘している様子だったので、近づいて見ると凄い光景が目に入ってきました。

何と、エイをくわえているじゃないですか!

Imgp0503_

どう見てもエイだよな~

Imgp0505_

そうこうしていると、他のアオサギがちゃちゃを入れに来ましたが、一蹴しました。

Imgp0487_

それでも、獲物はしっかりくわえたままです。

安心してお食事できないと思ったのか、右の牡蠣棚の方へ移動

Imgp0509_

Imgp0510__2

Imgp0511__2

とここまで見たところで、タイムアウト。出勤時間になったので続きは残念ながら見れませんでした。

この暑い中、変な意味でチョット涼しくなりました・・・(^^ゞ

それにしても、凄い食性ですね。

今まで、喉の倍ぐらいある太さの魚と格闘しているところは見たことありましたが、エイは初めてでした。

続きは見れませんでしたが、どう考えても飲み込める大きさではありませんね・・・

2010年8月18日 (水)

草刈部隊が去った後

今朝、草刈の様子を見に行ったら、綺麗に刈られて看板も撤去されていました。

Imgp0535_

丸坊主ではなく、右側通路沿いの草はちゃんと残っていて、今朝もセッカさんが居てくれました。(ここには6羽のセッカさんが居るみたいです)

Imgp0527_

また、静かな環境が戻ってきたので、鳥さん達も一安心のようです。

2010年8月17日 (火)

草刈部隊が!

今日の通勤時の風景です。

いつものように西飛行場裏(私は自転車通勤してまして、通勤時に様子を見るところを決めていて、一番が八幡川で二番がここ)に自転車で入ろうとしたら、変な立て札が・・・

Imgp0470_

なぬ?草刈部隊がマイフィールドに・・・

しかも、平成23年2月28日までなんて、なんでやねん!

Imgp0467_

鳥さん達の憩いの草むらがドンドン刈られていきます。

そこに何やら小さい声で抵抗している鳥さんが・・・・

セッカさんです。

ここのところ、鳴き声は聞こえても奥の方にいて、有刺鉄線のところまで出てきてくれない状態でしたが、今朝は文句を言いに来たみたいです。

Imgp0462_

夕がた覗いたら、すっかり綺麗に刈られていました。

まあ、直ぐに伸びるんでしょうけど・・・

Imgp0472_

通勤自転車と通勤用バッグ、何やねん・・・・(^^ゞ

それにしても、期限の平成23年2月28日は、なんだろう?

2010年8月16日 (月)

カルガモ(軽鴨)親子

散歩コースの潮廻しで、カルガモ親子を見ました。

雛はかなり大きくなっていますが、やっぱり可愛いですね。

今まで気づかなかったのは、葦の中に隠れてたのかな?

Imgp7701_r_

ひとしきり泳いだら、発砲スチロールの蓋の上に上がって、羽を乾かしてました。

それを親鳥が見て、「もう済んだ?」とばかり話しかけてる様子でした。

Imgp7671_

それにしても、もう少し綺麗な潮廻しなら野鳥さんも喜びそうだが・・・・

2010年8月15日 (日)

カワセミ(翡翠)

いつもの散歩コース(潮廻し)にカワセミさんが戻ってきました。

見たところ嘴が黒いので♂のようですが(光の加減かも4枚目の写真を見るとオレンジ色なので♀か・・・それとも2羽いるのか)、体も黒っぽいので若かもしれません。

潮廻しはお世辞にも綺麗なところではありませんが、それでも飛びこんでカニさんをゲットしてました。

【K-x + DA★300mm】

Imgp0235_1

Imgp0240_

Imgp0228_

【K20D + BORG77EDⅡ + AC#3 + AF×1.7】

Imgp7544_

Imgp7575_

カワセミさん、遊んでくれてありがとう!

2010年8月14日 (土)

宮島水中花火

今夜は宮島水中花火を撮影してきました。

15時30分から場所取りをして、そのまま終了まで約4時間・・・お尻から湯気が・・・(^^ゞ

今日は、フェリーの上でないので、花火用の設定(三脚+F11+SS10秒+ISO100)で撮影しました。

Imgp7509_

Imgp7518_

Imgp7495_

Imgp7500_

Imgp7531_

Imgp7522_

連発は今一つでしたが、見ごたえは十分ありました。

おまけは、花火待ちの暇つぶし・・・(^^ゞ

Imgp7457_

Imgp7473_

暗いので分かりにくいですが、イソヒヨかな?

2010年8月13日 (金)

コサギ(小鷺)の羽繕い ~ 八幡川

川の真ん中で、コサギが羽繕いしてました。

いつもなら、またコサギか~と撮影もしないところですが、羽が綺麗だったので思わずパチリ。

Imgp9336_

Imgp9330_

なかなか綺麗な鳥さんです。順光でキッチリ撮ってみたいですね。

2010年8月12日 (木)

ササゴイ(笹五位) ~ 八幡川

いつもの、通勤コースですが、八幡川でササゴイを見ました。

Imgp9189_

太田川では珍しくないかもしれませんが、八幡川河口付近では、初めて見ました。

ホシゴイはいつも居るんですがね~

Imgp9205_

しばらくおとなしく見てましたが、魚採りのシーンはまた次回に持ち越しです。

Imgp9216_

2010年8月11日 (水)

セッカ(雪加) ~ 飛びもの

久々のセッカです。

写真は、マニュアルフォーカスで偶然ピントがあったセッカの飛びもの。羽を広げたところでないのが残念ですが・・・

Imgp9161_

最近は、奥の方で囀ってて、近くになかなか寄ってくれなくなりました。

Imgp9074_

2010年8月10日 (火)

ミサゴ(鶚)

御手洗川河口のミサゴさんです。

真夏の暑い浜に降りて、そろりそろり近づきます。(達磨さんが転んだ戦法ですね)

すると、ミサゴ以外でまずキアシシギが一番に飛びます。続いてカワウやアオサギが飛び、ミサゴが最後まで頑張ります。

う~ん、「わしが一番強いんじゃ~」と言わんばかりにこちらをにらみます。

ノーブラインドで変な格好をしたおじさんが近づくのですから、飛んでしまうのは当然です。

Imgp9907_

(上の写真はノートリ、以降はトリミング)

Imgp9958_

Imgp9965_

ミサゴとの距離は20mくらい。白い腹と足が綺麗でした。

Imgp0008_

この、距離でミサゴを見ると、迫力あります。

Imgp9982_

ミサゴさん、ありがとう!

今度は、飛び込みを見せてね。

2010年8月 9日 (月)

カワウ(川鵜)とアオサギ(蒼鷺) ~ 朝のお立ち台

朝の散歩時の光景です。

いいくらいに潮が入って、お立ち台(といってもパイプみたいなもので情緒はないですが)に鳥たちがたたずんでいます。

この時間帯は静かで空気もさわやかで好きな時間です。

【カワウ】

Imgp6324_

朝の時間でも淡い色(夕暮れ色)に見えるのは、W/Bが「CTE」になっているからです。

【アオサギ】

Imgp6535_

こちらは、W/Bが「太陽光」なんで朝日っぽいですね。

2010年8月 8日 (日)

ソウシチョウ(相思鳥)

蓮田がとっても暑かったので、涼を求めて県北にソウシチョウを探しにいきました。

今まで、見たことはあったのですが、撮影したのは初めてです。

Imgp7197__2

Imgp7180_

鳴き声は、クログツミに似てて、綺麗な声で鳴きますね。(警戒する時?はだみ声ですが・・・)

ソウシチョウって、愛玩用の鳥さんが籠脱けして野生化したもんなんですね。

wikipediaで調べると、日本の侵略的外来種ワースト100選定種になっていると書いてありました。う~ん、生態系に影響ある鳥さんなの??

あと、居てたのは、ゴジュウカラとオオアカゲラ、メジロにエナガかな。

Imgp7142_

2010年8月 7日 (土)

蓮田のケリ(鳧)

今日は久しぶりに蓮田に行ってきました。

目的は、タマシギ、蓮の花、浜のシギチ・・・・

まず出迎えてくれたのは、とても可愛いケリ(たぶん幼鳥)でした。

Imgp6972__2

Imgp6952__2

水浴びが気持ちよさそうです。

Imgp6885__2

ケリさんは、白と黒の羽が綺麗ですね。

Imgp6899__2

ケリの後ろには、バンが見えます。

Imgp7027__2

奥の方を陣取っているのはチュウサギとコサギです。

Imgp7070__2

上を見ると、ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)が5羽くらいで飛んでます。

Imgp9596__2

そして蓮田は、今花盛り。

Imgp9622_r__2

Imgp9611__2

とここまでは順調でしたが、浜を見ると、ん??

シギチの姿が見えません。というか、鳥さんの姿が全く見えません。

御手洗川や八幡川、太田川にはシギチが入っているので、門前川にも当然入っているだろうと思っていたのですが、時期が違うようです。

それにしても、今日の蓮田は暑かった。

2010年8月 6日 (金)

ソリハシシギ(反嘴鴫) ~ 太田川河口

今朝の太田川河口です。

最初はいつものキアシかな~と思ってファインダーを覗くと、嘴が上に反っているのでソリハシシギと分かりました。

Imgp9414_

2羽が仲良く並んでました。

Imgp9440_

今日は原爆記念日でした。

私は被爆二世ですが、実は子供のころからそれほど意識したことはありません。

ただ、お袋から、その時の様子を生々しく聞くと、原爆という武器はとんでもない悲惨な武器だと分かります。

被爆者がまだ健在の時代は、そういった事を思い出すことができますが、二世以降の時代になるとだんだん風化してくる可能性はあります。

国連事務総長の話ではないですが、被爆者が健在している間にこの地が経験した悲惨な出来事が繰り返されないような時代になることを心から望みます。

2010年8月 5日 (木)

キアシシギ(黄足鴫) ~ 三つの川

この時期、このあたりの河口ではキアシシギを良く見かけます。

三つの川とは、御手洗川、八幡川、太田川で、私が通勤途中で良く鳥見している川です。

【太田川河口】のキアシシギさん

Imgp9170_

夕刻に7羽が仲良く並んでました。

つづいて、【八幡川河口】のキアシシギさん

Imgp9005_

ここのところ毎朝、この2羽が仲良く同じところに現れます。

最後は、我が家の前の【御手洗川河口】のキアシシギさん

Imgp8945_

Imgp8971_

Imgp6716_

数は御手洗川河口が一番多く、20羽くらいは居ますね。

2010年8月 4日 (水)

柴犬と灯台

久々に柴犬の豆太登場です。

まあ、単なる親ばか写真ですが・・・・(^^ゞ

Imgp6383_

実は、うちの豆太君は高いところが少し苦手だったりするので、一人で取り残されて少し不安な顔をしてます。

Imgp6394_

Imgp6362_

今年の5月で4歳になりました。

どこのお宅でも、自分のところのワンちゃんが一番可愛いと思っていることでしょう・・・

当然、うちの豆太が一番です・・・(^^ゞ

2010年8月 3日 (火)

カワセミ(翡翠)

朝のいつもの散歩時に我が御手洗川河口でもカワセミをちょこちょこ見かけるようになってきました。

牡蠣棚がある海でしかも朝一番なので、雰囲気がどんよりしてますね~

Imgp8389_

ツバメの飛びもの練習のおかげで、カワセミさんも手持ちマニュアルフォーカスでなんとかファインダーで追っかけれるようになってきました。

Imgp8394_

ボケボケですが、マニュアルフォーカスで追っかけると楽しみも増えます。

Imgp8395_

Imgp8404_

Imgp8419__2

次回はもう少し背景の良いところで撮影したいです。

鳥枯れの中、贅沢言っとれんか・・・(^^ゞ

2010年8月 2日 (月)

ブッポウソウ(仏法僧)

毎週通ったブッポウソウさんも無事巣立ち、雛達は山裾で親鳥の見る中飛行訓練中でした。

来年も元気で戻ってきてほしいものです。

写真は、巣立ち前のものです。

Imgp6111_

Imgp6447_

Imgp6448_

Imgp6458_

最初に巣立ちした雛。

Imgp6273_

続いてに巣立ちした雛。

Imgp6560_

ここの雛は2羽いました。

Imgp6233_

Imgp6667_1

Imgp6572_01 

このブッポウソウさんが見れなくなると、寂しくなるな~

ブッポウソウさん、ありがとう。

2010年8月 1日 (日)

アオゲラ(緑啄木鳥)

ここのアオゲラ宅も無事巣立ってくれました。

子育て頑張っている父ちゃんです。

Imgp2344_

Imgp2348_

アオゲラさん、生きている木に巣穴を開けるんですね。凄い顎の持ち主ですね。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31