« 干潟のシギチ達 | トップページ | コオバシギ(小姥鴫)とオバシギ(姥鴫) »

2010年9月27日 (月)

干潟のシギチ達(その2)

前回に引き続いて、群れの飛翔です。ここのシギチは何羽いるのか・・・(ある人に聞くと万はいるらしいです。)

Imgp5207_

群れを撮るのは、簡単そうに見えて実は難しいな~と感じています。

この群れには、オバシギ、ハマシギ、メダイチドリ、キリアイの姿が見えます。(ハマシギの中にサルハマ冬羽も混じっていたと廻りの人が言ってましたが、私にはハマシギの冬羽と区別できません・・・)

Imgp5221_1

最後は干潟からの飛び出しシーンです。ピントは来てませんが、動きは感じてもらえると思います。

Imgp2272_

ダイゼンとオバシギですね。

【追加でとまりもの】

ダイゼンの群れ、中央にハマシギ、右側にオバシギ、奥にオグロシギとホウロクシギ

Imgp2264_

オバシギの群れ、中央にコオバシギとダイゼン

Imgp2270_ 

オグロシギの群れ

Imgp2261_

ホウロクシギの群れ、真ん中の可愛い子はホウロクの幼鳥?、右側にはダイシャクシギ

Imgp2258_

今回の遠征で、ライファが4種増え、撮影種類数が合計153種と今年立てた累計150種をクリアできました。次の目標は累計200種です。

« 干潟のシギチ達 | トップページ | コオバシギ(小姥鴫)とオバシギ(姥鴫) »

野鳥」カテゴリの記事

DA★300mm」カテゴリの記事

BORG」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

メダイチドリ」カテゴリの記事

ダイゼン」カテゴリの記事

K20D」カテゴリの記事

K-x」カテゴリの記事

ハマシギ」カテゴリの記事

ホウロクシギ」カテゴリの記事

オバシギ」カテゴリの記事

キリアイ」カテゴリの記事

オグロシギ」カテゴリの記事

ダイシャクシギ」カテゴリの記事

コオバシギ」カテゴリの記事

コメント

ともべいさん、

この鳥たちは、どこへ、飛んで行くの?

私も群れを撮る時は、いつも何処に中心を置いたら良いか迷います。
背景も考えなくてはならないし。
そして、えー加減にシャッターを押します(笑)

壮大な群れですね。万羽、見てみたいです。
干潟は遠いのであまり行くことが出来ません。

わぁぁぁぁぁ・・・
すごい群れ…
アトリさん思い出しますね・・・。

ハヤブサに食われませんように。

Canonさん、こんばんは。

留鳥以外は、たぶん東南アジアに越冬しに帰るんでしょうね。
最近はマイフィールドでもシギチがめっきり減り、寂しいかぎりです。

kozahiroさん、こんばんは。

群れの写真で表現したいのは、スケール、数、奥行きみたいなものだと思っていますが、さもすると平面的な写真になってしまうので難しいです。
まあ、飛びものはそんな余裕もないので、エイヤーとなりますがね。

ミサゴさん、こんばんは。

アトリの群れも多いですよね。
近くでは、極楽寺山でもアトリのかなりの数の群れを見ることができますね。
ハヤブサは、子の日2羽現れて、シギチを追いかけまわしていました。これは自然界のことなんで、仕方ないですね。

リスキーマウスさん、こんばんは。

万羽もそうですが、ここの干潟はとっても広いです。
波打ち際からシギチが帯状になって、ずら~と並びます。その長さは多分数km以上あるのでは・・・
遠いですが、一見の価値はあると思いました。
また、行きたいです。

うわっ‼ すごっ‼ 他に言葉がないです・・・
どんどん野鳥の集まる干潟が少なくなってるとはいえ、
こんな環境の場所があるんですね。
ええもん見せてもらいました。いつ迄も保全できたらなぁ……

katsuさん、こんばんは。

マイフィールドでも、シギチは昔から見ると減っているそうです。
やはり埋め立ても含め、環境が変わってきてるんでしょうね。
ここは、ちゃんとした干潟公園みたいになっているので、鳥たちの楽園として残してくれると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 干潟のシギチ達 | トップページ | コオバシギ(小姥鴫)とオバシギ(姥鴫) »

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30