« 干潟のシギチ達(その2) | トップページ | ダイシャクシギ(大杓鷸) »

2010年9月29日 (水)

コオバシギ(小姥鴫)とオバシギ(姥鴫)

干潟とその周辺で見た、初見の鳥たちをピックアップします。

オバシギは、通勤鳥見でも見れた鳥さんですが、コオバシギはなかなかチャンスがなかったです。

時には、オバシギを見て、「なんか小さい感じがするな~」と写真を撮っては、後から見て「やっぱりオバシギか~」・・・てこともありました。(けっしてオバシギが嫌いな鳥というわけではありません。)

このたびオバシギと並んでいるところを見ると、やはり嘴の長さと表情に特徴がありますね。

一度その特徴を見ると、あそこにもいる!とだんだん見えなかったものが見えてくる感じです。

ちょっと遠い写真ですが、左がコオバシギで右がオバシギです。

Imgp2421_

潮が満ちて、手前の歩道までシギチが避難してきたところです。

近いので、特徴が良くわかりました。

Imgp2351_

左がコオバシギ、隣はダイゼン、ダイゼンの前に一羽オバシギが座ってます。その周りはハマシギさんです。

次の写真は、オバシギが接近しているので、嘴がより短いのが分かりやすいです。

オバシギとは表情も違いますね。

Imgp2354_

オバシギの左前はキリアイですね。キリアイも沢山いました。

Imgp2357_

コオバシギは、見た限り三羽いました。オバシギの数は数えきれません・・・・(^^ゞ

« 干潟のシギチ達(その2) | トップページ | ダイシャクシギ(大杓鷸) »

野鳥」カテゴリの記事

BORG」カテゴリの記事

K20D」カテゴリの記事

オバシギ」カテゴリの記事

コオバシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 干潟のシギチ達(その2) | トップページ | ダイシャクシギ(大杓鷸) »

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30