« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

とっても可愛いオオジュリン(大寿林)

最近はもっぱらツリスガラを求めて、通勤途中の葦原の様子を見に行きますが、なかなか見つかりません。

でも、今日はとっても可愛いオオジュリンに会えました。

チィヨチィヨと可愛い声で鳴きます。

Imgp9070_

胸は若干縦斑がありますが、白くて綺麗です。

Imgp9100_

この横顔にメロメロですね~

Imgp9093_

可愛い顔してるから♀かな?

2010年11月28日 (日)

ハギマシコ(萩猿子)

今日のお山は特別寒かったです。

下界の方は、晴れてたのに山を上がるにつれてだんだん曇って来て、ついにはみぞれみたいな雪がぽっぽ降ってきました。

おまけに視界は、20~30m・・・強風が吹き荒れ体感温度はどんどん下がっていきます。

そんな中、ハギマシコは降りてきてくれました。

Imgp8933_

午前中は全く天気が好転する気配なし。

それでも待っていたら、14時過ぎにようやく雲の切れ目から日が差してきたところに、高~い枝にとまってくれました。

ハギマシコも寒いんでしょうね。真ん丸になってました・・・(^^ゞ

Imgp8919_

とにもかくにも初見できたので、寒さも吹っ飛びました。

Imgp8962_

天気が良い日にリベンジしたいです。

2010年11月26日 (金)

オオマシコ(大猿子) ~ 雌

続いて、とっても可愛いオオマシコの♀です。

羽の色合いというより、目元や顔付きが♂に比べて可愛い気がします。

そして、やっぱり萩の実を食べてます。後ろの方で♂がバタバタ・・・

Imgp7153_

こうしてみるとフカフカな羽毛ですね。寒くなってくると鳥さんがまん丸になってきます。

Imgp7292_

見返り美人?派手なのは♂ですが、可愛さでは断然♀です。

Imgp7473_

鳥さんは、色んな表情をしてくれるので、何度見ても飽きません。

Imgp7484_

Imgp7637_

とっても可愛いオオマシコ♀でした。

Imgp7698_

次はいつ会えるかな・・・

2010年11月25日 (木)

オオマシコ(大猿子) ~ 雄

見たい見たいと思っていたオオマシコにようやく出会えました。(鳥友に感謝です)

何せ、初撮りだったので嬉しくなって、ついつい沢山撮影したので、♂から現像してみました。

この風格!ベニマシコとは一味違います。

Imgp7688_

燃えるような赤・・・いいですね~

Imgp7229_

Imgp7251_

萩の実をおいしそうに食べてました。

木枯らし門次郎見たいです・・・(^^ゞ

Imgp7304_

♂どおしでお見合い?

Imgp7367_ 

とっても楽しいひと時でした。

Imgp7687_

(この次は、とってもかわいい♀編です)

2010年11月24日 (水)

カシラダカ(頭高)

チャッチャ、チャッチャ鳴いているなかから、久々カシラダカ発見。

いつも、ホオジロの♀とパット見間違いちゃうんですよ。

Imgp5785_

正面から見ると、カシラダカって分かりますね。

Imgp7728_

それにしても、痛そうな爪やな~

2010年11月22日 (月)

夕日と鴨

今、御手洗川河口は鴨のオンパレードです。

種類としては、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヨシガモなどがいるみたいですが、数が多すぎて判別するのに一苦労します。(毎日通っているがまだまともに見てません・・・)

カルガモらしき鴨の飛翔を追っかけて行くと、夕日がバックに入りかけました。

きっちり入れば絵になったのですが・・・(^^ゞ

Imgp7019_

この子は朝撮ったイソヒヨさんです。

燃えるような赤で、バックが夕日だと絵になったのでしょうが、人工物どまりじゃ~ね~

Imgp6854_

鴨と同じくらいいるのが、ユリカモメ達です。

昨日は、そのユリカモメの後ろでハマシギの大群が牡蠣棚の上に降りてきました。

ハマシギの数をざっと数えても、300羽以上います。(多すぎて数える気になりませんでした。)

気づくのが遅かったので、雄大な飛翔シーンは撮りのがしました・・・(*_*)

Imgp6974_

2010年11月21日 (日)

紅葉 ~ 極楽寺山

今日はなんかすっきりしない天気でしたね。

晴れなんだけど、景色はもやってます。黄砂が出てたのかな?

極楽寺にお山の様子を見に行った帰りに、綺麗だったので撮影しました。

Imgp6893_

イチョウの黄色がとても眩しかったです。

Imgp6905_jpg

お山の様子はというと、ジョウビタキ、ゴジュウガラを見かけたくらいで、まだルリビタキやベニマシコの姿は見えませんでした。

カヤクグリ(茅潜)

お山の道端を出たり入ったり・・・カヤクグリを見たのは、これで二度目です。

ピョンピョン、歩く速度もけっこう早いので、暗いところではなかなか手ごわい鳥さんです。

Imgp7017_

じみ~な鳥さんですが、地鳴きはけっこう可愛い声ですね。

2010年11月20日 (土)

オシドリ(鴛鴦)

渓流でオシドリさんを見てきました。

川幅が結構あるので安心して道路側から撮影しようと対面に立つと、やっぱり飛んじゃいますね~

山奥のオシドリさんはこの距離感が手ごわいです。

Imgp6598_

でも、オシドリさんも綺麗になってきましたね。

Imgp6612_

2010年11月19日 (金)

渓流のカワセミ(翡翠)

渓流にてカワセミの飛翔を久々に撮影しました。

K-5にしてから連射速度が向上したので、どの程度、歩留まりが上がったか確認したかったこともありますが、撮影時間が1時間と短く、遠いカワセミだったので、いまひとつでした。

Imgp6210_

かなり遠いカワセミですが、そこそこピントが来てるので、使えそうという感触は得ることができました。

Imgp6223_

今度のファームアップで、RAWでも20枚連射ができることも大きいですね。

Imgp6227_

今度はもう少し近くで、確認したいと思います。

2010年11月18日 (木)

ボクの柿・・・ ~ マミチャジナイ(眉茶鶇)

マミチャジナイが柿をおいしそうに食べてたところ、突然ヒヨドリがやってきてその柿を奪いました。

マミチャジナイは脇に追いやられましたが、諦めきれずにヒヨドリの方をじっと見つめてました。

まるで「ボクの柿・・・」と言っているような感じがしました。

Imgp4982__2

ヒヨドリが去ると、またマミチャジナイの天国です。

Imgp4977_

誇らしげに柿の枝にとまってます。

Imgp5037_

マミチャジナイやヒヨドリ以外にも色んな鳥たちが柿の恵みを得にきます。

ツグミも

Imgp4706_

メジロも

Imgp5065_

シロハラなんかは、顔が柿の実でグジョグジョです・・・

Imgp4593_

モズもやってきます

Imgp4883_

 

マミチャジナイが柿をおいしそうに食べてる動画も撮りました。

最後にちょっと粗相をしますが・・・・(^^ゞ

 

 

 

2010年11月17日 (水)

エナガ(柄長)

先日のアトリと同じところで、エナガさんにも遊んでもらいました。

ちょこまか忙しい鳥さんですけど、愛想が良さそうな子を探して・・・(^^ゞ

Imgp5618_

何やら、桜の枝先をつついてました。

Imgp5610_

おいしいものでもあるんでしょうか?

Imgp5614_

やっぱり、緑のバックがいい感じですね~

K-5でも好みの緑が久々に出てくれました。

Imgp5642_

2010年11月15日 (月)

秋色アトリ(花鶏)

ハチジョウツグミを探してお山の神社に行きましたが、お目当てはとうとう出てくれません。

そんな中、アトリ達が秋色に色づいた枝にとまってくれて楽しませてくれました。

Imgp5759_1

バックのお山は黄色に色づいています。

Imgp5715_

Imgp5782_2

足を延ばしてのびのび~、体操している見たい・・・(^^ゞ

Imgp5776_

何かな?この毬栗みたいな実は・・・なんか、叫んでますね~

Imgp5699_

もわっとして羽毛が温かそうです。

Imgp5684_1

ボチボチ、宮島の紅葉でも見に行くかな~

2010年11月14日 (日)

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)

昨日のハイイロチュウヒです。

天気は最悪、くもり空に黄砂で視界も悪しと、また言い訳から入ります・・・(^^ゞ

私が到着した時には時すでに遅しで、♂は飛んだ後でした。

ということで、前回見れなかった♀のハイイロチュウヒが見れました。

Imgp5521_

遠い上になんか被ってますね・・・

Imgp5524_

腰が白いのが特徴ですね。

Imgp5550_

まあ、これで♂♀見ることができました。今度はもう少し近くで見たいです・・・そう簡単にはいきませんね。

Imgp5541_

オジロビタキ(尾白鶲)

先日、オジロビタキを偶然初見しましたが、今日は愛想の大変よいオジロビタキ♀に遊んでもらいました。

Imgp5504_

お尻上げのタイミングを図るんですが、なかなか合いませんね~

Imgp5355_

岩の陰からひょっこり・・・

Imgp5214_

とてもフレンドリーなオジロビタキでした。

Imgp5385_

今度は♂に会いたいですね~

この子は、周りにいたビンズイさん・・・初見でした。 (^^ゞ

Imgp5090_

2010年11月12日 (金)

タゲリ(田鳧)

田んぼの畦にタゲリがいました。

Imgp3649_

先日の蓮田で撮影した時は、曇り空だったので、羽の色がいまひとつ出ませんでしたが、この日は太陽の光が当って、タゲリのメタルちっくな色が少しは出てくれたかな。

2010年11月11日 (木)

ジョウビタキ(常鶲)

ジョウビタキさん、頻繁に見かけるようになりましたね。

追いかけると、その分遠ざかるだけですが、こちらが座っていると結構近くに寄ってくれます。

Imgp5007_

前回は♀の人工物どまりを撮りましたが、やはり緑のバックの方がいいですね~

Imgp5029_

♀は可愛さ、♂は銀色の帽子が好きです。

Imgp5025_

何度撮っても、白い羽毛がうまく表現できませんね~

2010年11月10日 (水)

コスモス畑のショウドウツバメ(小洞燕)

ノビタキを撮影した時(三週間前)にビュンビュン飛んでいたショウドウツバメです。

ご存知の方も多いと思いますが、ショウドウツバメ(小洞燕)の名前は泥崖に小さな巣穴を掘るところから由来しているみたいです。

K-5にしてからAF性能がどれほど向上したか、試すよいチャンスでしたが、やはり背景のある場所でのAF-Cは厳しいです。

ということで、いつものマニュアルとAF-Cのコンビでの撮影となりました。

Imgp0326_

遠い小さな鳥の飛びものは私にはまだ手に負えません。

Imgp0356_

まあ、コスモスの上を飛んでいるツバメという雰囲気が伝わればいいか・・・(^^ゞ

ねじ上のジョウビタキ

先日マガンを撮影していたら、目の前にあった水門のハンドルねじにジョウビタキ♀がとまってくれました。

何の変哲もないシーンですが、何故かねじのメタルちっくな人工物に野鳥のジョウビタキがのっている姿が、面白いのでシャッターをきりました。

Imgp3424_

う~ん、ただアップになっただけの写真やね~

やっぱり、野鳥は緑の中が一番です・・・・(^^ゞ

2010年11月 9日 (火)

コスモス畑のノビタキ(野鶲)

久しぶりにコスモス畑の様子を見に行ったら、あれだけ咲き乱れていたコスモスも今は、まばらになっていました。

コスモスは散り始めていますが、ノビタキさんはまだまだ元気に残っていました。

今季最終のコスノビか・・・(^^ゞ

Imgp3960_

ガングロの♂も・・・

Imgp3932_

それにしても、ノビタキさん、今年もありがとう!

Imgp3999_

(K-5にしてから、写真にやわらかい雰囲気が出てくれるようになったのは気のせいか・・・)

2010年11月 8日 (月)

自転車通勤再開しました

ここのところ、1ヶ月強自転車通勤をお休みしていたら、お腹まわりがあれよあれよと・・・

絞るのは時間かかるけど、戻るのは一気ですね~

Imgp4477_

そうそう、ヘルメット買いました。

いや~最近のヘルメットというのは軽いですね。これで約200gしかありません。本当にこれで頭を守ってくれるのか・・・

今の時期、寒からず暑からず、自転車通勤にはいい季節です。走っていてとても気持ちいい。

途中で、30分ばかりの鳥見もできるし・・・

 

マミチャジナイ・・・長居してますね~このままここに居てくれたらいいのに。

Imgp4395_

エナガ・・・この顔が可愛いです。

Imgp4377_

ツグミ・・・よく見かけるようになりました。赤点を見たいですね~

Imgp4484_

ハマシギ・・・久しぶりのシギチです。

Imgp4462_

ということで、継続は力なり・・・続けることが大事ですね~

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)

ハイイロチュウヒを初見してきました。

この日は、雨交じりの曇りで、飛んでくれたのは15時30分以降なので、白くもやった雰囲気の上に、被写体までが遠かったです。

とかなんとか書いても、言い訳にしか聞こえないのでやめます。

雰囲気でハイイロチュウヒの♂と分かる程度の証拠写真ですが、私にとっては初見初撮りでした。

Imgp4307_

Imgp4480_

Imgp4342_

Imgp4335_

まあ、初めてのところでの初物はこんなもんです。

見れただけでも幸せです。

次回までに傾向と対策を考えてリベンジですわ。

2010年11月 7日 (日)

オジロビタキ(尾白鶲)初認

今日は朝から雨模様でしたが、日ごろの行いがいいのか現地に到着すると曇りから少し日がさしてきました・・・(^^ゞ

無欲であたりを見渡してみると、お尻をピッと上げてる小鳥発見。

双眼鏡でのぞくとお尻が白い・・・オジロビタキ♀でした。(初認というか初見)

あわてて、カメラを撮りに行き再び戻ると・・・当然いませんね。

諦めて他の鳥さんを探していると、また出てきてくれました。(鳥運がついているのか?)

もやもやの証拠写真ですが、なんとなくオジロビタキと見えるかな・・・

Imgp4178_

地鳴きの声を初めて聞きました。(初見なんであたりまえか)

こちらも初見ですが、まともに撮れませんでした。

暗~いブッシュの下で蟻さんでも食べているのかな?

Imgp4194_

また、リベンジやね!

2010年11月 6日 (土)

マガン(真雁)

池にマガンがいるとのことで夕刻に寄ってみました。

行ってみると、オオバンやヒドリガモがまったりしているが、マガンの姿が見えない・・・と思ったら、1羽だけあきらかに風格の違う子が居ました。

そうマガンでした。

Imgp3371_

大きさも普通のカモに比べると大きいですね。

Imgp3398_

嘴の色も特徴的です。

Imgp3404_

水鳥の季節に突入しましたね。

こんな子が地元に入らないかな~

2010年11月 5日 (金)

アトリ(花鶏)の群れ

チョウゲンボウ探しの途中でアトリの群れ発見。

それも半端な数ではありません。電線にびっちり並んでます。

300mmで撮影したものですが、すべてが入りません。

Imgp3823_

何か感じて一斉に飛ぶんですが、また綺麗に整列します。

まるで、お互いの距離感というものを意識しているみたいです。

Imgp3824_

これは、別の日の田んぼの上で・・・

Imgp3286_

今年が多いのか、例年こんな集団なのかは私は初めてなので分かりません。

先日のノゴマのところで・・・

Imgp3751__2  

マミチャジナイ、シロハラ、ツグミ

会社の途中に寄る公園のツグミ類三種です。

マミチャジナイは今朝も3羽居ました。

Imgp4142_

マミチャジナイにいじめられるシロハラ

Imgp4120_

シロハラにいじめられるツグミ

Imgp1713_

縄張りでもあるのでしょうか、勢力争いの構図は、マミチャジナイ>シロハラ>ツグミのようです・・・(^^ゞ

萩の花びら絨毯のノゴマ(野駒)

紫色の萩の花びらの絨毯の上で、ノゴマが忙しく移動したました。

暗い環境で、もっとSSを稼ぐため高ISOで撮影してればもう少しはまともに撮れただろうに・・・

ピント合わせもなんか・・・こういう時は、やはり明るいレンズが欲しくなります。

Imgp3757_

まあ、雰囲気ということで・・・(^^ゞ

2010年11月 4日 (木)

コチョウゲンボウ(小長元坊)

アカアシチョウゲンボウを見に行った時に、畑で偶然コチョウゲンボウを見つけました。

遠目でなにやら鳥さんの形をしたものがいるな~という程度でしたので、写真といえるようなものではありません。

証拠写真を撮って、少しづつ近づいたところで、飛ばれてしまいそのままさよなら・・・(^^ゞ

Imgp3657_

図鑑を見てもよくわかりませんが、♀か幼鳥ではないかと思います。

※鳥撮りの大先輩に教えていただき、上の子はチョウゲンボウと分かりました。したがって、コチョウゲンボウの写真は一番下(二枚目)の個体のみです。

別の場所でこの電線にとまっていたチョウゲンボウを撮っていたら、急に飛び立ちました。

すると、下の畑の上で二羽のチョウゲンボウが争って、結局上のチョウゲンボウだけが遠くに飛んで行きました。

おや?と思い、もう一羽のチョウゲンボウはどこに行ったのかと畑を見に行くと、チョウゲンボウではなくコチョウゲンボウでした。

(コチョウゲンボウの方が強いの??)

Imgp3882_

この子は♂の幼鳥と思われます。

それにしても陽炎が激しい・・・もうすこし近づこうとしたとき、後ろをダンプがとおり、ジエンド!

まあ、初見できたのでラッキーでした。様子がわかったので次回またリベンジです。

2010年11月 3日 (水)

アカアシチョウゲンボウ(赤足長元坊)

プチ遠征してアカアシチョウゲンボウを見てきました。

現地の方に聞くと、どうやら♂の幼鳥とのこと。

チョウゲンボウすらまともに見たことないのに、アカアシさんが目の前で見れてとても幸せでした。

Imgp2998_

足が赤いのでアカアシなんでしょうが、幼鳥のせいかまだオレンジ色ですね。

ほっぺの白い部分の方が目立ちます。

Imgp2669_

ほとんどが電線とまりで、上から草原みたいなところを見下ろしています。

そして、バッタやカマキリを見つけては急降下して、ホバもしながら足でキャッチして、また電線に上がり、食べてました。

Imgp2968_

羽繕いをたまにする時、尾羽を広げるサービスをしてくれます。

Imgp3441_

狩りをする時の飛びものを撮影したいのですが、背景にピントがとられてまともに撮れません。こりゃ~猛禽修行する必要があります。

Imgp2894_

この写真なんか、アカアシチョウゲンボウだとわかりませんね・・・(^^ゞ

Imgp2977_

とはいえ、サービス満点の楽しいひと時でした。

Imgp3668_

いつの日か成鳥に会ってみたいものです。

2010年11月 2日 (火)

タゲリ(田鳧)

先日の蓮田にいたタゲリです。

Imgp2167_

曇ってたので、あの綺麗な羽の色がでなかったのは残念ですが、この秋も可愛い顔に会えました。

Imgp2304_

オバQの冠羽は健在ですね~

Imgp2184_

お食事ゲットしたみたい・・・なんかの虫みたい

Imgp2190_

この子は、同じ田にいたケリさん。

Imgp2271_

この子は、尻尾を振ってなかったので、たぶんヒバリ。

(ムネアカに会えませんね~)

Imgp2364_ 

久々に会えたクサシギさん

Imgp2162_

2010年11月 1日 (月)

セイタカシギ(背高鷸)

蓮田に寄ってみたら、久々にセイタカシギがいました。

賑やかなシギチの渡りが過ぎて、寂しくなっていたところなので、思わず「おお~なんかシギがおる」と心の中で叫んでました。

Imgp2132_

白部分が多い鳥さんはピントが合ったようで、合っていないようで・・・

なかなか目が出てくれないです。

Imgp2138_

それにしても、足が長くスレンダーなボディですね~

それに愛嬌のある顔してます。

Imgp2033_

春以来の出会いで嬉しかったです。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31