« ねじ上のジョウビタキ | トップページ | ジョウビタキ(常鶲) »

2010年11月10日 (水)

コスモス畑のショウドウツバメ(小洞燕)

ノビタキを撮影した時(三週間前)にビュンビュン飛んでいたショウドウツバメです。

ご存知の方も多いと思いますが、ショウドウツバメ(小洞燕)の名前は泥崖に小さな巣穴を掘るところから由来しているみたいです。

K-5にしてからAF性能がどれほど向上したか、試すよいチャンスでしたが、やはり背景のある場所でのAF-Cは厳しいです。

ということで、いつものマニュアルとAF-Cのコンビでの撮影となりました。

Imgp0326_

遠い小さな鳥の飛びものは私にはまだ手に負えません。

Imgp0356_

まあ、コスモスの上を飛んでいるツバメという雰囲気が伝わればいいか・・・(^^ゞ

« ねじ上のジョウビタキ | トップページ | ジョウビタキ(常鶲) »

DA★300mm」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ショウドウツバメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

おっ!!腕を上げられましたね!!
私は腕がないのでマニュアルではボケボケです。
カメラがいいのでいつもAF-Cで撮ります。
あのNikonですから・・・(爆・・)

KIKOさん、こんばんは。

私の場合は、カメラよりまず腕の問題です。
300mmの単焦点での撮影なのですが、まずファインダーに導入するところが遅いのでチャンスを逃してしまいます。
KIKOさんみたいに両眼視の練習をしないと、だめですね。

K-5になって、AF性能はK20DやK-xよりは良くなったと思いますが、CやNにはまだまだ追いついていません。
特にKIKOさんのNにはかないませんわ・・・(^^ゞ

キレイ~lovely

私には技術的なことはさっぱりわかりませんが、
雰囲気がとても素敵ですね。

絵になる風景があったところで、
悲しいかな“偶然の産物”しか望めない私…coldsweats02

dekochanさん、こんばんは。

ここのコスモス畑は今まで見た中では最高です。
鳥さんが居なくても、最高の時期に来年も行きたいです。

K-5がいいのか腕が凄いのか、参りました

windelyさん、こんばんは。

まだまだ、ブレブレですよ・・・・(^^ゞ
本当はもっと近いところを通過するショウドウツバメをファインダーに導入し、マニュアルで素早くピント合わせすることができれば、迫力ある画になるんですが、修行が足りません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねじ上のジョウビタキ | トップページ | ジョウビタキ(常鶲) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31