« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

地御前の鳥たち

あと30分で、除夜の鐘が聞こえてきます。

皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか?

今年最後の記事はやはり地元の鳥たちで締めくくりかな。いずれもここ数日内で撮影したものです。

マガモ

Magamo

カルガモ

Karugamo

ヒドリガモ

Hidori

ホシハジロ

Hoshihajiro

キンクロハジロ

Kinkuro

スズガモ

Suzugamo

コガモ

Kogamo

ヨシガモ

Yoshigamo

オカヨシガモ

Okayoshi

ハシビロガモ

Hashibiro

ズグロカモメ

Zuguro

シロチドリ

Shirochidori

ハマシギ

Hamashigi

ユリカモメ

Yurikamome

今年もありがとう!

来年もまた来てね。

2010年12月30日 (木)

トモエガモ(巴鴨)

トモエガモの様子を見にいきました。

最初は外湾を歩いて探しましたが、結局内側の池にいました。

Imgp2112__2 

♂の奧側に見えるのが、♀だと思います。

Imgp2120__2

Imgp2103_

♀の伸び?なんちゅう顔してるのか・・・(^^ゞ

Imgp2104_

2010年12月28日 (火)

K-5のコントラストAF ~ カケス(懸巣)

K-5のコントラストAFは強力です。

私のように鳥見が趣味の人にとって、超望遠は必須となりますが、なかなか大口径の明るいレンズは高額のため手が出にくいです。

また、鳥さんは、朝早くとか夕遅くの時間帯といった暗い環境も多く、外的から身を守るため枝に隠れるシーンも多くあります。

そんな時、威力を発揮するのがコントラストAFですね。

以前使用していたK-xにもその機能があったのですが、AF時間が遅すぎて鳥さんが逃げてしまうので鳥撮には使っていませんでした。

ところがK-5になって、AF時間が飛躍的に短くなって、鳥撮にも使えるようになったのは、暗いレンズしか持っていない私にとっては、大きな武器になります。

下の写真は、枝隠れしたカケスさんです。

Imgp8466_

ファインダーの位相差AFでは、付近の枝にピントを持っていかれるのでイラつく場面です。

すかさず、コントラストAFに切り替えて、ピントを合わせたい鳥さんの顔をズームしてピントあわせしました。

Imgp8472_

ただ、ファインダーによる位相差AFと比べて欠点もあります。

それは、書き込み時間中はライブビューが消えて次の撮影タイミングまでにどうしても間が空くことです。

これは、動くものを撮影する時は大きな欠点となります。この欠点をよく理解した上で使用すれば、大きな武器になります。

今までマニュアルでしかピント合わせできない環境でもAFが使えることは、ぼちぼち目が衰えてきた私にとっては大きなアドバンテージになり、撮影の幅が広がりました。

2010年12月27日 (月)

シラガホオジロ(白髪頬白)

いつもふられっぱなしのシラガホオジロでしたが、ようやく見れました。

ただ、高~い枝の上だったり、

Imgp1419_

遠~い田んぼの中でなかなか近くで見れません・・・(^^ゞ

恥ずかしがり屋なのか、田の中でも畦の中か、畦から1mも中に入ってくれません。

Imgp1124_

Imgp1171_

これじゃ、特徴のある頭の上の白髪が見えないよ~と思ったら、目の前の電線に止まってくれました。なんとか白髪がかろうじて見えるかな・・・

Imgp1307_

順光条件になると、頬の赤褐色がよくわかります。

Imgp1417_

何はともあれ、初見初撮りでしたので、良かったです。

2010年12月26日 (日)

寒い・・・

今朝も寒かったですね~

お山を見ると雪が降っているようなので、極楽寺山に雪がらみのルリビタキでもと思い、行ってきました。

雪降る中、枝にジョウビタキがとまってました。

Imgp2131_

少し離れたところにお目当てのルリビタキもいたんですが、このジョウビタキが追いたてられて遠くに逃げていかれました・・・(ここは、この子の縄張りみたい)

その後あたりを探索し、ルリビタキも何度か見ましたが、愛想悪かったです・・・

その代わりにオオマシコが4羽くらいの群れで、近くをうろちょろしてました。

Imgp2282_

今年は、色んなところでよく見ます。

Imgp2302_

今日、お山で見たのは、オオマシコ、ベニマシコ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ツグミ、ミヤマホオジロ、ホオジロ、マヒワ、メジロ、シジュウカラ、コゲラかな。

2010年12月25日 (土)

クロツラヘラサギ(黒面箆鷺)

今日は大型のクロツラヘラサギを見に行きました。

道中、雪がポッポッ降ってきて、現地に着いても止む気配なし。

それどころか、強風がビュウビュウ吹いてきて、体感温度は・・・うう~ぶち寒い!

とにかく、黒面を探さないと・・・けれどいません。見えるのはカモカモそしてカモ・・・

少し動いて見渡すと、居ました。葦の中に隠れてました。

見える位置に動いてとりあえずパチリ。初見初撮りでした。

Imgp1764_

やはり、大きな黒い嘴が迫力あります。

飛翔姿もなかなかです。

Imgp1891_

右側に見えるのはダイサギさんかな?

クロツラヘラサギより一回り大きいですね。

Imgp1915_

手前がヒドリガモ、奥に見えるのがオナガガモかな

Imgp1944_ 

飛翔シーンも迫力満点・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

Imgp1949_

とっても寒かったですが、会えて良かったです。

遠いですが、ツクシガモも久々見ました。

Imgp1629_

2010年12月24日 (金)

アオジ(青鵐)

先日のジョウビタキと同じところにいたアオジさんです。

奥に藪があって、常時はその中に入ってますが、人足がなくなると表に出てきて採食活動をします。

Imgp0924_

アオジといっても、胸の色は黄色味がかっています。

Imgp0926_

「チャッチャ」と地鳴きします。

春になると、綺麗な声で囀ってくれますね。

Imgp0925_

よくみると綺麗な小鳥ですね。

2010年12月23日 (木)

ジョウビタキ(常鶲) 

日曜日のジョウビタキさんです。

くわえているのは、何かの実か種子のようです。

じつは、この上には10mくらいの木があり、丸い実が房になって垂れ下がってます。

メジロやシジュウガラがその房につかまりながら実と食べにきます。

当然、ユサユサと揺れますので、実が下に落下します。

その落下した実をこのジョウビタキやシロハラ、ルリビタキなどが食べにきます。

Imgp0921_

見事な連携プレーみたいで、見ていて飽きませんでした。

真丸のジョウビタキさん・・・(^^ゞ

Imgp0922_

シロハラさんも、食べてますね。

Imgp0824_

2010年12月22日 (水)

ウソ(鷽)

フィーフィーと可愛い鳴き声が聞こえるなっと思って辺りを見渡すと、ウソが木の新芽みたいなものを食べてました。お腹がピンクがかっているのでアカウソですね。

ところが、抜けてるところがなく枝かぶりばかり・・・しかも逆光やし

Imgp0460_

とはあれ、初見初撮り・・・会えてよかったです。

またリベンジします。

2010年12月21日 (火)

ゴジュウカラ(五十雀)

雪の上のゴジュウカラです。

Imgp0475_a_

ここのゴジュウカラはとってもフレンドリーです。

Imgp0517_

グレーの羽と真っ白な胸、尾っぽの茶色と黒いアイライン・・・なかなか美しい鳥さんです。

Imgp0491_

とっても可愛いゴジュウカラさんでした。

ほんと、癒されます。

2010年12月20日 (月)

雪上のオオマシコ(大猿子) ~ 続編

以前撮影した雪上オオマシコの続編です。

やっぱり、順光だと綺麗な色がでますね~

♂の周りに落ちているのは萩の実の食べカスです。

Imgp0678_

Imgp0610_

採食している時は警戒心が薄れます。 

Imgp0649_

このときは、4羽居ましたが、フレーム内には3羽が精一杯・・・(^^ゞ

Imgp0713_

背伸びして萩の実を食べます・・・

Imgp0693_

何度見ても飽きません。 

2010年12月19日 (日)

ルリビタキ(瑠璃鶲)

今日は、ルリビタキ求めてお山の公園へ行きました。とっても温かい一日でしたね。

可愛い♀が、愛想よく相手してくれました。

Imgp0927_

この実がお気に入りで、ルリビタキだけでなくジョウビタキ、メジロ、シロハラなど色んな小鳥が集まります。

Imgp0928_

Imgp0929_

狙いを定めて、うまいことくわえます。

Imgp0931_

小鳥たちの大切な恵みになってますね。

Imgp0930_

今日は、あまり時間なく現地に到着したのですが、親切な御仁が案内までしてくれました。本当にありがとうございました。

2010年12月18日 (土)

コクガン(黒雁)

コクガンを見てきました。

北の方でしか見れない鳥さんらしいのですが、こんな形で西の方にも入ってくれることもあるんですね~

そういえば、わが町にも以前来てくれたらしいのですが、私は今日が初見でした。

お顔もお目目も黒いので、なかなか目が出てくれません・・・

Imgp0024_

コクガンは一羽で、ヒドリガモの集団の中で一緒に行動してました。

Imgp0015_

同じ集団にヨシガモも入ってます。

Imgp0018_

羽縁がハブ色で少し目立つので、幼鳥みたいです。

Imgp0034_

フレームから飛び出してます・・・全然、反応できてませんね~

Imgp0037_

ピントも合ってないし・・・(^^ゞ

まあ、ともあれ無事初見することができました。

2010年12月17日 (金)

クマタカ(角鷹)

小鳥を撮影していると、一人のベテランバーダーの方が、「ああ!クマタカじゃ~」と叫んでくれて、その方が覗いている方向を見てみると、黒い姿が遠くに見えます。

双眼鏡で見てみると、まさしくクマタカ・・・ 初見初撮りでした。

Imgp9013_n_

かなりトリミングしてますが、羽の模様は分かる程度に撮れました。

飛翔姿はカッコイイ~の一言でした。

でも遠すぎて、鋭い目が見えませんでした。

今度は、近くの止まりものをじっくり見てみたいな~鳥運を信じて、探してみます・・・(^^ゞ

2010年12月15日 (水)

ヤマヒバリ(山雲雀)

ヤマヒバリという珍客がやって来てくれました。

図鑑で調べると、イワヒバリ科に属し、カヤクグリと同じ仲間だそうです。

体長は14cmでスズメ大の可愛い小鳥です。

Imgp8155_

全部で4羽入ったみたいですが、一度に見れたのは3羽です。

Imgp8026_

目のラインの黒い覆面が怪傑ゾロみたいな感じだと皆さん言ってました。

Imgp7849_

こちらに入ったのは、何年も前の話みたいなので、やはり珍客ですね。

Imgp8044_

色合いは茶色の羽、クリーム色の胸と顔、黒いラインと地味な感じですが、首後の灰色のアクセントが気に入ってます。

Imgp8141_

鳴き声は「チリチリチリ・・・」とカヤクグリに似た声です。

Imgp8902_

今から寒い季節になるが・・・

Imgp9235_

最初に見つけられたバーダーさんに感謝です。 

2010年12月14日 (火)

ヨシガモ(葦鴨)

今、御手洗川河口はカモ達で一杯です。

種類はそれほど多くなく、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、オナガガモ、カルガモ、ホシハジロ、ヨシガモ、オカヨシガモくらいが目につきます。(じっくり見れば、もっと種類が確認できるかもしれませんが、何せ数が多いですから・・・)

この子は二週間前に撮影したヨシガモの♂です。周りに見えるのは、ヒドリガモとオナガガモですね。

Imgp8565_

アオサを美味しそうに食べてますね。

Imgp8582_

この御手洗川河口にはアオサは十分ありますから、餌は豊富です・・・(^^ゞ

Imgp8586_

カモ達も、綺麗な時期になってきました。

Imgp8605_

Imgp8539_

2010年12月13日 (月)

雪上のオオマシコ(大猿子)

雪上のオオマシコ求めて、雪山へ・・・

道路の雪はそうでもないだろうって軽く考えていたのが大間違いでした。

メインの道路でないところは、除雪もされてなく積雪20cmの厳しい洗礼に会い、結局行ける所まで行って、途中から歩きになりました。

ふと、前の山を見ると、寒々とした風景が目に飛び込んできました。

Imgp0333_

ゆく道は、

Imgp0324_a_

しかも、お目当てのオオマシコはなかなか出てくれず、坊主を覚悟しましたが、歩いているとようやく現れてくれました。

Imgp0523_

Imgp0448_

雪の上に降りて、萩の実を一生懸命食べてましたが、なかなか綺麗なところには出てくれません・・・

Imgp0680_

雪の上から、ジャンプ!

Imgp0676_

オオマシコはやっぱり♀の方が可愛いです。

Imgp0686_

会えて本当によかったです。 

2010年12月10日 (金)

オオマシコに夢中

今年はオオマシコさんによく出会えます。

♂の赤色は、光の条件でピンクに見えたり、朱色っぽく見えたりしますよね。

順光条件で出会ったオオマシコさんの赤色はなんともいえない色合いでした。

Imgp8270_

どちらかというと、ピンク色かな~

萩の実を美味しそうに食べてました。

Imgp8288_

こんな色見せられたら、この子に夢中になってしまいます。

Imgp8361_

2010年12月 8日 (水)

鳥見の楽しさ

鳥見を始めて1年と半年が経過したので、その楽しさについて考えてみた。
まず、鳥見の目的だが、人によって違うと思う。

私の場合は写真が趣味ですので、鳥見というより鳥撮が優先します。
1)鳥が主役の情景写真を撮る
2)鳥の可愛い仕草を撮る
3)鳥の特徴写真(アップ)を撮る
4)生態記録を残す

始めた頃は、とにかく鳥を大きく撮りたい(上の目的3です)が一番でしたが、少しずつ変わってきました。

でも、撮ることが目的で、観察は二の次になっているのも事実です。

従って、私の中の鳥種カウントは、見た種類でなく、その鳥の種別が確認できる程度に撮影できた数でカウントしてます。

現在、178種でまだまだ駆け出しですが、当面200種目指して駆け回ってます・・・(^^ゞ

話を元に戻すと、鳥さんを撮影するには、まず鳥さんを探し出す(見つける)必要があります。

最初は、近所を散歩して目に入った鳥さんを手当たり次第撮影してきましたが、それでは満足できなくなり、諸先輩方に撮影できる場所まで連れてってもらったりしてました。

肉眼や双眼鏡で探すのですが、なかなか見つけることは出来ず、先輩が見つけた鳥の場所を聞いて、ようやくカメラを向けていました。

そのうち、鳥さんを見つけるコツみたいなものが分かってきて、「鳴き声、動く音、不自然に揺れる枝、鳥の枝移り」などで少しづつ見つけれるようになってきました。(鳥見する人の性で、動くものに反応するようになってきます・・・)

最近では、鳥が居そうな場所に単独で出向き、探鳥することのも多くなりました。
それでも、闇雲に出かけても効率が悪いので、探鳥地でお会いした方々から貴重なお話を聞いて出発することの方が多いです。(坊主は、慣れてますが・・・)

そして、「一人で探鳥に行き、鳥さんを見つけた時の喜び」は、いつまでも鮮明な記憶に残っています。

始めた頃、京都のお山の中で見つけた真っ青なオオルリは今でも忘れられません。

この感動があるので鳥見はやめられません。

下の写真は一昨日通勤途中に葦原で見つけたアオジです。
鳴き声はしてたのですが、それがなんの鳥さんか確認できるまでは、気になるので、その日に確認できなかったらまた同じ場所へ行って観察します。
そしてようやく葦原から見える位置に出てくれたところをパチリ。

Imgp0181_

距離は結構近いです。しかもこちらも立った状態で見つけたのでいつ飛ばれるか分かりません。目立たないように座りたいのはやまやまですが、動くと多分すぐに飛ばれちゃうので、そのままピントを合して撮影します。

Imgp0204_

(朝の暗い環境ですが、ISO3200での手持ち撮影です。K-5にして朝の鳥見も楽になりました。)

とりとめない話になりましたが、探鳥で鳥さんを見つけた時の感動は鳥見の醍醐味の一つだと思います。

最初は時間がかかるかもしれませんが、一人で探鳥してみてください。そしてお目当ての鳥さんや意外な鳥さんとの遭遇を楽しみ、それをドキドキしながらカメラに収めるわくわく感を感じましょう!

2010年12月 7日 (火)

安芸灘とびしま海道オレンジライド2010に参加

昨日の日曜日に、「安芸灘とびしま海道オレンジライド2010」という自転車イベントに参加しました。イベント内容は下記ページ参照ください。

http://tobishimaride.com/index.html

自転車イベントといっても、タイムを競うものではなく、あくまでも完走が目的です。

ゲストとして、安田大サーカスの団長が来ていて、私と同じハーフコース※に参加してました。

※ハーフコース

距離  最大標高差   平均斜度      獲得標高
42km    67m     全体:0% 上り:3%   302m

コースマップ

http://tobishimaride.com/img/course/course_map_02.pdf

コース高低

http://tobishimaride.com/img/course/half.pdf

フルコースは90kmです。高校生時代は150kmを走ってもなんともなかったのですが、現在は70km走ると膝にくる体になっているので、ハーフコースにしました・・・・(^^ゞ

私の旧友は、フルコースに参加・・・お疲れ様。

当日は快晴で天気は申し分なし、気温もそれほど寒くなく、サイクリングにはベストな日でした。

出発前の運営要領説明、参加人数は約1200名だそうです。

Imgp0605_

出発風景

Dvc00060_

真ん中で青い服でインタビューしてるのが団長

Dvc00058_

中間地点での補給場所(小学校のグランド)、ここの味噌汁は旨かった!

地元の方はとても親切で、沿道でも皆さん応援してくれて気持ちよく走れました。

Dvc00056_

前半、張り切りすぎたツケが後半に出て、35km過ぎたころから「ふくらはぎ」に違和感が・・・練習不足がたたっている!

Dvc00054_

コースはとっても綺麗

Dvc00055_

Dvc00053_

完走後のひととき

Imgp0627__2

平均時速(走っている時のみ)は22.7km/hで、走行時間は1時間51分でした。

Imgp5994_

実際は、中間点で味噌汁食べたりしてるので、2時間20分くらいかな・・・

走行軌跡(Garmin)

Kiseki

ということで、とても楽しいイベントでした。

一緒に来てくれた奥さんと愛犬の豆太にも感謝!

Imgp0610_

来年もまた参加するかな。フルコースが走れるか・・・(^^ゞ 

2010年12月 5日 (日)

カヤクグリ(茅潜)

カヤクグリはなかなか明るいところには出てこず、道端の暗いなか忙しく動いているところがほとんどだったのですが、この日は違いました。

こちらが、じっとしていると、二羽がどんどん寄ってきて、ついには焦点距離範囲外にまで・・・(^^ゞ

Imgp9802_

じっくり見てみると、なかなか愛嬌のある顔してます。

Imgp9921_

どんどん、近づいてきます。

Imgp9945_

とってもフレンドリーなカヤクグリさんでした。

Imgp9947_1

2010年12月 4日 (土)

ハギマシコ(萩猿子)

また、ハギマシコに会いに行きました。

ハギマシコといったら♂の胸のローズ色が特徴ですが、嘴の黄色もワンポイントで可愛いです。

Imgp9577_

左が♂で右が♀かな?

Imgp9595_

こちらは、左が♀で、右が♂のよう。ちょっと、明るすぎですね~

Imgp9613_ 

フカフカ羽毛で真丸・・・(^^ゞ

Imgp9638_

また、会いましょう!

Imgp9684_

2010年12月 3日 (金)

マヒワ(真鶸)

いつも高~い木にとまったところを真下から見てたマヒワが、この日は目線で見ることができました。

逆光気味の条件ですが、そのまま撮影しました。

左が♀で右が♂かな?

Imgp8372_

しきりに種子を食べてますね~近くで見ている私のことはお構いなしです。

何の実なんでしょうかね。

Imgp8419_

Imgp8376_

バックの光の加減で、なんとなくやわらかい写真になりますね。

Imgp8367_

マヒワも近くで見ると綺麗な鳥さんですね。

Imgp8484_ 

2010年12月 1日 (水)

ズグロカモメ(頭黒鴎)

ズグロカモメがお散歩コースに入っていることは聞いていましたが、先日ようやく明るい時間帯に見てきました。

夏場は、朝方と帰宅後には観察できていたのですが、この時期は真っ暗です。

なので、散歩コースとはいえ、見れるのは土日に限られるのですが、ここのところ出かけることが多かったので、なかなか見れてませんでした。

しばらく見ないうちに、鴨の数も増えてますね~、びっくりしました。

Imgp8634_

どうやら、幼鳥2と成鳥2の4羽入っているみたいですが、この日は幼鳥1と成鳥2の3羽しか見つけれませんでした。

Imgp8642_

ズグロカモメは、いつも賑わうユリカモメに比べ一回り小さく、ユリカモメの集団とは少し離れた感じでいるので、私でも見つけることができました。

Imgp8728_

やっぱり一番に確認するのは、嘴の色が黒いかですね~

Imgp8766_

歩く姿もとっても可愛いですよ。

Imgp8779_

夏羽も見てみたいものです。

(注:kozahiroさんに教えてもらった足に釣り糸が巻きついている子を探しましたが、この日も次の日も見つけることができませんでした。どこかで元気でいてくれるといいのですが・・・)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31