« シラガホオジロ(白髪頬白) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »

2010年12月28日 (火)

K-5のコントラストAF ~ カケス(懸巣)

K-5のコントラストAFは強力です。

私のように鳥見が趣味の人にとって、超望遠は必須となりますが、なかなか大口径の明るいレンズは高額のため手が出にくいです。

また、鳥さんは、朝早くとか夕遅くの時間帯といった暗い環境も多く、外的から身を守るため枝に隠れるシーンも多くあります。

そんな時、威力を発揮するのがコントラストAFですね。

以前使用していたK-xにもその機能があったのですが、AF時間が遅すぎて鳥さんが逃げてしまうので鳥撮には使っていませんでした。

ところがK-5になって、AF時間が飛躍的に短くなって、鳥撮にも使えるようになったのは、暗いレンズしか持っていない私にとっては、大きな武器になります。

下の写真は、枝隠れしたカケスさんです。

Imgp8466_

ファインダーの位相差AFでは、付近の枝にピントを持っていかれるのでイラつく場面です。

すかさず、コントラストAFに切り替えて、ピントを合わせたい鳥さんの顔をズームしてピントあわせしました。

Imgp8472_

ただ、ファインダーによる位相差AFと比べて欠点もあります。

それは、書き込み時間中はライブビューが消えて次の撮影タイミングまでにどうしても間が空くことです。

これは、動くものを撮影する時は大きな欠点となります。この欠点をよく理解した上で使用すれば、大きな武器になります。

今までマニュアルでしかピント合わせできない環境でもAFが使えることは、ぼちぼち目が衰えてきた私にとっては大きなアドバンテージになり、撮影の幅が広がりました。

« シラガホオジロ(白髪頬白) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

カケス」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。相変わらす精力的にご活動されていますね。
さて、コントラストAFもだいぶ実用域になってきているようですね。
私も暗いシーンではライブビューはとても重宝しています。
では、少し早いですが良いお年をお迎えください。

N_BIRDERさん、お久しぶりです。

K-5で試した瞬間、びっくりしました。これは使えると・・・(^^ゞ
まだまだ見たい鳥さんは沢山いますが、マイペースでぼちぼちやります。
N_BIRDERさんのブログ再開を夢見て、来年も良い年でありますように!

良い機能が、ありますね!

キヤノンは、AFのまま、ピントリングを、回すとMFで、ピントを、
合わす?機能があったが、超望遠では、いいように、いかないね!

即、MFに、切替してますね!まあ、ゴジャゴジャ、のところは、撮影を、控えて、ますが?

Canonさん、こんばんは。

Pentaxにも、クイックフォーカスといって、AFで合わせた後でもマニュアルでフォーカス用リングを回せるレンズあります。
でも、やはり自分の目が悪いと駄目ですね〜
昔の35mmのファインダーなら苦はなかったのにね〜
私は枝被りでも撮りますよ。出来るだけ有るがままにがいいです。

ともべいさん おはようございます。
確かに撮影機材の進歩は凄いですよね。
私などは、随分前から目が衰えてきて、コントラストAFであるデジスコ
では、メガネを外したりつけたりで・・・・。
慌てていると鳥が逃げてしまうということが多くありました。
2010年もあと少しです。来年も良い出逢いがありますように!

ともべいさん、

キヤノンさんは、20年前から、その機能あるよ?

ricebirdsさん、こんばんは。

この冬は、昨年より多くの冬鳥たちに出会えてます。
暖かくなってきて、梅の咲く時期になると、また新しい出会いがあるかもと今から楽しみです。

Canonさん、こんばんは。

鳥撮りのほとんどが、キャノンじゃないのかな・・・
PENTAX頑張れ~、止まり物の色で勝負じゃ・・・(^^♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シラガホオジロ(白髪頬白) | トップページ | トモエガモ(巴鴨) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31