« ホオアカ(頬赤) | トップページ | とっても可愛いオジロトウネン(尾白当年) »

2011年1月19日 (水)

ミコアイサ(巫女秋沙)

ミコアイサが池に出てると聞いて、行ってきました。

あいにくの天気(曇り)でしたが、初めて見る真っ白なミコアイサはとっても綺麗でした。

Imgp6882_

♂はまさにパンダ顔ですね。

Imgp6958_

♀は茶色交じりで、♂より可愛い顔をしてます。

Imgp7147_

Imgp7149_

♂はしきりに潜って、大きな魚を食べてました。

Imgp7146_

最後は無謀にも流し撮りを・・・

Imgp6835_

Imgp6834_

今度はもっと近くで、この綺麗な鳥さんを見てみたいです。

« ホオアカ(頬赤) | トップページ | とっても可愛いオジロトウネン(尾白当年) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ミコアイサ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

ともべいさん、正しい、漢字かいて、くれてますね!
こちらに、オスの幼鳥?若鳥?いますよ。

Canonさん、こんばんは。

私が漢字表記を始めたのは、鳥さんの名前を間違って覚えることが多々あったので、和名の由来を知れば間違いが減るかな・・・とも思いからです。
ミコアイサ、綺麗な鳥ですね~今度はもっと近くで観察してみたいです。

巫女秋沙、わたしは、神子秋沙と、思って、ました。

ともべいさん おはようございます。
ミコアイサを撮られましたか。我々も里帰りの時に見てきました。
池に結構な個体数が入っていたようです。どうも、広島は飛来が
少ないような気がします。

Canonさん、こんばんは。

図鑑によって、両方ありますね。
私は最近、山渓の「野鳥の名前」なる本を買いましたので、それを見るようにしてます。
この本、色々由来が載ってて、なかなか面白いですね。
この本によると、アイサの秋沙は秋に去る鴨という語源のようで、ミコの巫女は、「白い衣を着て目の回りに黒い墨をした巫女」に見立てて命名とあります。さらに最近のバードウオッチャーの中には「白い上着に赤い袴の神社の神子さんの姿と合わないのでよくない名」だと主張する人がいるらしいです。

ricebirdsさん、こんばんは。

私は初見なのでよくわかりませんが、飛来数は少ないんでしょうね。
もっと近くに寄ってくれればよく見えるのですが、車の中にいても50m以内には寄ってくれず警戒心が強い鳥ですね。

ミコアイサ可愛らしいですね。
先日此方の池でも撮ったのですが、
雌は気付きませんでした。
二羽いたので片方が雌かと思っていたのですが、
雌はかなり茶色でひと目でわかりますね。
今度は雌も探してみます。
流し撮り、流石決まってます。拍手。

和さん、こんばんは。

和さんも精力的に動かれてますね~
この時期、野鳥に合えるチャンスが多いので、寒くても無理して出てます・・・(^^ゞ
流し撮り、拍手ありがとうございます。
まだまだですが、チャレンジあるのみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホオアカ(頬赤) | トップページ | とっても可愛いオジロトウネン(尾白当年) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31