« とっても可愛いルリビタキ(瑠璃鶲) | トップページ | キジ(雉子) »

2011年1月29日 (土)

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)とチュウヒ(沢鵟)

ハイチュウの♂を見たくて出かけたが、結局♂がご帰還したのは17時ごろでしかもそのまま降りて終了!

ご帰還時の一回りサービスも見られなかった。(まあ、見れただけでももうけもんか。)

ということで、ハイイロチュウヒの♀とチュウヒ(♂♀はわからん)は、機嫌よく回ってくれた。

ハイイロチュウヒの♀から

Imgp8460_

Imgp8462_

この後、旋回して突然目の前に・・・とうぜんファインダーに入れそこない・・・しかも逆光じゃし。

Imgp9456_0

次はチュウヒさん。

Imgp8763_

山が入ると少しは感じが出ます。

Imgp8772_

なんとなく羽の上面が青っぽいので、♂かな?(ぜんぜん自信なし)

Imgp8787_

これくらいで飛んでくれると、双眼鏡でもはっきり見えます。

Imgp8800_

修行はまだまだ続きます・・・(^^ゞ

« とっても可愛いルリビタキ(瑠璃鶲) | トップページ | キジ(雉子) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

チュウヒ」カテゴリの記事

ハイイロチュウヒ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

腰白が、ハイイロチューヒ♀、もしくは、幼鳥では?

Canonさん、こんばんは。

たぶんそう思います。

ともべいさん 随分大きく撮れましたね~。
私などまだまだ飛びものは難しすぎて・・・。
ところで、こういうのは結構絞りを効かしているのでしょうか。
今度はプログラムオートではなく、絞り優先でスピードを上げて
撮ってみようと思っています。

ricebirdsさん、こんばんは。

カメラ側は、殆ど絞り優先で撮影してますが、BORGには絞りはなく開放ですね。
最近、絞り(M57絞り)を買いました。目的は、いわゆる被写界深度ではなく、空抜けや逆光条件下で撮影するときに出る、色収差(パープルフリンジ)対策と、撮影距離が長い被写体の解像度を上げる目的で購入しました。
曇り空でない空抜け条件では、絞りをきかせてます。
たぶん、この写真も絞りを少しきかせていたと思います。

飛び物の撮影するときはいつも思います。
AFが優秀なNikonがうらやましい・・・(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とっても可愛いルリビタキ(瑠璃鶲) | トップページ | キジ(雉子) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31