« 雪上のカヤクグリ(茅潜) | トップページ | ビンズイ(便追) »

2011年1月10日 (月)

アメリカヒドリ(アメリカ緋鳥)

今日は昼から御手洗川河口でアメリカヒドリを探しました。

探すといっても、普通のヒドリガモは1000羽くらいいる中で、1羽を探す作業になるので大変です。

運良く見つけることができても、少し目を離すとまたわからなくなります。

天気は曇り時々パラパラ降る感じで、カモの色で判別するにはコンディションが悪かったのですが、なんとか証拠写真だけは撮れました。

Imgp6375_

目のまわりが緑色というのが特徴なのですが、これがまた日が当たらないと双眼鏡では色が見えません。

Imgp6377__2

日が差している僅かなタイミングで、見つけて撮影するという繰り返しになります。

Imgp6378_

ともあれ、見れて良かったです。

ゆうき君、ありがとうね!

逆光のアメリカヒドリの奥側にいるヒドリガモ・・・顔の緑色が目立つ個体ですね。

Imgp6073_

« 雪上のカヤクグリ(茅潜) | トップページ | ビンズイ(便追) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

アメリカヒドリ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おぉー!!自力で見つけられましたね。凄いですね!!
私も昨年スコープで1羽1羽探したのを思い出しました。
何といっても地元(ご近所)で見れるのが1番良いですね。

私のところに、5メーターで撮れるのがいると、言うのに?
食パンは、撮影料で、いりますが?

KIKOさん、こんばんは。

昼が満潮の時は、逆光気味になるので、判別には厳しいですね~
やっぱり、御手洗川河口は3時ごろ満潮になる時が最高です。
良く見ていると、ヒドリガモとアメリカヒドリの合いの子みたい(緑色の部分が目立つヒドリガモ)もいますね。

Canonさん、こんばんは。

5mですか、いいな~
こちらは、なかなか近づいてくれないです。
でもここは、自宅から歩いて1分のところで見れるので・・・(^^ゞ

おはようございます。 お疲れ様でした。
見つけるのも大変ですが、撮るのもまた大変でしたね。
またリベンジします。

T & Tさん、こんばんは。

本当に疲れましたね~、ちょっと目を離すとあの大群の中ですから。
夕方の潮がいいですよ。
アオサを食べる時が一番近くで警戒心も薄くなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪上のカヤクグリ(茅潜) | トップページ | ビンズイ(便追) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31