« 氷上のタシギ(田鴫) | トップページ | アオバト(青鳩) »

2011年1月25日 (火)

探鳥会に参加して思う

京都で始めた鳥撮ですが、京都でも鳥の写真を撮影するには、まず
 1.探鳥地を知ること(つまり、鳥の居る場所を知ること)
 2.鳥の習性や生態を知ること
と、尊敬している先輩バーダーから教わりました。

鳥を撮影するのは、それからでも遅くないと。
また、この、二つを地元で勉強するには、まずは探鳥会に参加するのが一番の早道だと聞いてました。

京都では結局中途半端な状態で終わってしまい、探鳥会にも参加せずじまい。
広島に戻って1年4ヶ月経過しましたが、やはり探鳥会には一度も参加してませんでした。

理由は、なんか敷居が高いのではとか、勝手に想像して敬遠してました。
先週は、柳生会長も参加されることや、お目当ての鳥さんも気になっていたので探鳥会に初参加しました。

参加して思うことは、敷居は全然高くなく、皆さんとっても親切でフレンドリーでした。
野鳥のことは、出版されている本を読めばある程度知ることができますが、地元に特化した話は書物にもなく(ひろしま野鳥図鑑※は別格ですが・・・)
やはり、この道うん十年?という御仁に生の話を聞くのとは大違いであり、この会話が一番為になると感じました。

※:地元の野鳥図鑑がない県もあるので、広島県はまだ幸せですね・・・(^.^)/

自分一人で、野鳥のことを知るのは限度があります。
これから野鳥に興味をもって、観察なり写真撮影なりされる方は、躊躇なく
探鳥会に参加することをお勧めします。

探鳥会で出会えた鳥達です。

ウミアイサ(海秋沙) ・・・ とっても綺麗!

Imgp8999_

クロガモ(黒鴨) ・・・ 見たいと思っていた鳥さんでしたが、遠かった (^^ゞ いつか♂に合ってみたい!

Imgp9042_

ホオジロガモ(頬白鴨) ・・・ 頬が真っ白!

Imgp9427_

ハギマシコ(萩猿子) ・・・ ここで会えるとは思いもよりませんでした。いつもお山で群れで見ていた鳥さんなのに、1羽だけでポツンと・・・どうしたのかな?

Imgp9264_

オオモズ(大百舌) ・・・ 遠目でみて普通のモズやと見過ごすところでしたが、そこはベテランバーダーさんのおかげで、見れました。さすがやな~

Imgp9297_

チョウゲンボウ(長元坊) ・・・ 遠くて長いことホバしてました。この後カラスとのバトル

Imgp9379__2

ベニマシコ(紅猿子) ・・・ これまたビッビッビポと声はすれど姿が見えずでしたが、他のバーダーさんが見つけてくれました。♂が上で♀が下にいます。

Imgp9422_   

初見のカモ3種に出会えて、累積鳥撮200種に達成できたのがうれしいです。

皆で楽しく鳥見できたらな~

« 氷上のタシギ(田鴫) | トップページ | アオバト(青鳩) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ウミアイサ」カテゴリの記事

オオモズ」カテゴリの記事

クロガモ」カテゴリの記事

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

ハギマシコ」カテゴリの記事

ベニマシコ」カテゴリの記事

ホオジロガモ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

なんだか、歯の浮くような事書いて、ますね!
(笑い)

Canonさん、おはようございます。

私は初参加でしたので、とても新鮮に感じました。
いつもは、鳥友から連絡も入れば、その場所に行って鳥を見たり、MFを単独で探鳥することがほとんどです。
最初のころは、ほとんど鳥を見つけることは出来ませんでした。1日歩いて坊主ということは、ざらでした。
ましてや、今から始めようとされてる人が、それをすると、鳥見は大変だと思ってすぐに止めちゃうかもしれません。
この日は、リーダーの方がカワウの塒の話をしてくれました。こんな話は本には載ってません。カワウは、今は婚姻色で特に綺麗ですね。
私の趣味は、観察でなく写真ですが、写真を撮るためだけで参加するのであれば、消化不良に感じるかもしれません。
探鳥地を知ること、鳥の生態を勉強すること、そして鳥が好きな人に出会えることという面で、素敵な場だと感じました。近くで開催される探鳥会には今後も参加しようと思いましたよ。

こんばんは

ウミアイサ、ホオジロガモもライファ-ですか??
こちらに来られた時に海を見たら普通に居たと思いますが..

ホオジロガモは光具合で綺麗に見えますよ~!
地元の河口などもしっかり観察しましょう!!

ともべいさん

すいません、人とのかかわりが、いやになって、小鳥とってます。
写真、撮らんでも、鳥見てるだけでも、いいんです。

かわう、きれいですよ、いれば、撮ってます、今日も、とりました。

みかんさん、こんばんは。

はい、ライファーです!
まだ200種ですから、未見の鳥さんは沢山いますよ。
それだけ、楽しみも多いかと・・・(^^ゞ

そういえば、そちらに伺う時は、海側よりは干拓に入る方が多いかな。
ホオジロガモは光が当たると顔が緑色で綺麗なカモですよね。(図鑑でしか・・・)
この日も見れたのですが、少々遠かったです。
地元の河口には、なかなか寄らず、かなり遠くにいるので、今度はもっと近くで見たいです。

Canonさん、こんばんは。

う~ん、人との係わりは多かれ少なかれ、難しいものがありますよね。
まあ、Canonさんのようなベテランの方は、ご自分のための参加というより、初心者への手ほどきということになるかも知れませんね。
小鳥は癒されますからね。
ヤマガラ山に行って、ますますそう感じました。
カワウも今が旬ですよ~いいの見せてください!

ともべいさん、

今の世中、カメラもって、スナップなんか、できませんよ!
夏のビーチ、カメラもって、うろうろしてたら、おまわりさんが、来ますよ!

その点、鳥さんは、おまわりさんに、通報しませんからね!

Canonさん、こんばんは。

夏のビーチはまずいでしょう・・・(^^ゞ
夏は涼しいお山に行きましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷上のタシギ(田鴫) | トップページ | アオバト(青鳩) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31