« マガン(真雁)とヒシクイ(菱喰) | トップページ | とっても渋いクロサギ(黒鷺) »

2011年3月28日 (月)

荒海の中のシノリガモ(晨鴨)

荒海の中、タフに泳いでいるシノリガモを見ました。

シノリガモはシノリは漢字で「晨(しん)」と書くそうで、星の名前だそうです。

由来としては、夜空のような濃い紺色の地色に、いくつもの白斑を星座にたとえたのであろうと本にのってました。

Imgp6442_

撮影しているときは、てっきり♀だと思っていましたが、図鑑で調べるとどうやら♂の第1回冬羽みたいです。

Imgp6489_

しかし、この荒海のなか、シノリガモはほんとタフです。

このタフさが、ある意味うらやましいです・・・・

Imgp6586_

きれいな成鳥♂を見たかったなと思ってましたが、はるか彼方に泳いでました。

双眼鏡でも豆粒大で写真で拡大してみたら、やはり成鳥♂でした。

この成鳥♂の右側にいるのが♀ですね。

Imgp6718_

もっと近くで見たかったな~

下の子たちは別の場所で、運良く近くで見ることができました。

Imgp8404_

手前が♂の第1回冬羽で奥が♀ですね。

Imgp8487_

前回の荒海と違って、とても穏やかな海です。

Imgp8495_

それにしても、仲睦ましい2羽ですね~

Imgp8509_

♂は頭の色が紺色になりかけて、横腹も赤くなってきてますね。

Imgp8339_

成鳥の♂は来冬の宿題です。

« マガン(真雁)とヒシクイ(菱喰) | トップページ | とっても渋いクロサギ(黒鷺) »

野鳥」カテゴリの記事

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

シノリガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マガン(真雁)とヒシクイ(菱喰) | トップページ | とっても渋いクロサギ(黒鷺) »

カテゴリー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30