« 荒海の中のシノリガモ(晨鴨) | トップページ | ウミウ(海鵜) »

2011年3月28日 (月)

とっても渋いクロサギ(黒鷺)

ミヤコドリと一緒に居たクロサギです。

クロサギも、地元ではなかなか見れないサギで、留鳥らしいです。

Imgp8174_

それにしても、足が太いですね~

体も灰黒色で、よく見るコサギと比べて、渋い顔してます。

Imgp8704_

図鑑を見ると、クロサギは黒色型、白色型、中間型の三種類いるそうで、日本では圧倒的に黒色型が多いためクロサギと名づけられたらしいです。

最後は飛び出しからの飛翔が連射できました。

Imgp8707_

Imgp8708_

Imgp8709_

Imgp8710_

こうしてみると、飛び出し時は首は少し曲がったくらいですが、徐々に折りたたんで、最後は、首を完全に折りたたむんですね。

サギにとって、この方が安定するんでしょうね。

(ジンバル雲台のお陰で、スムーズに飛翔を追っかけれるようになった気がします・・・あくまでも気がするだけですよ・・・)

« 荒海の中のシノリガモ(晨鴨) | トップページ | ウミウ(海鵜) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

クロサギ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

飛びもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒海の中のシノリガモ(晨鴨) | トップページ | ウミウ(海鵜) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31