« 2011年4月 | トップページ

2011年5月

2011年5月19日 (木)

ブログの引越しのお知らせ

ブログを初めて来月で二年になろうとしますが、このページも容量が一杯になってしまいました。

ということで、今日から下記ページに引越しました。

「続・ともべいの部屋」

http://tomobay.cocolog-nifty.com/blog/

いつまで続けれるか分かりませんが、今後ともよろしくお願いします。

2011年5月18日 (水)

オジロトウネン(尾白当年)

越冬していた可愛いオジロトウネンが夏羽にならないかな~と、長~く待っていましたが、ようやく夏羽のオジロトウネンに出会えました。(越冬組と同じ個体か分かりませんが・・・)

Imgp6638_

尾の両側は確かに白いです。

Imgp6671_

オジロにしてもヒバリにしても小さいシギさんはとっても可愛いですね。

Imgp6910_

この子は別の場所で見かけたオジロトウネン。

Imgp4006_

2011年5月17日 (火)

サルハマシギ(猿浜鷸)

昨年見逃したサルハマシギさんに、今年は運よく出会えることができました。

春の渡りの時期には普段見られないシギが入ってくれますね。

ただ、滞在期間はその日のうちに抜けることも多いので、この時期はできるだけシギに絞って通ってないと見逃してしまいます・・・(^^ゞ

この日も偶然ビロキンさんと出会えてなければ、見逃していたことでしょう。(お世話になりました。)

1羽のサルハマシギが2羽のウズラシギと一緒にいました。

Imgp6135_

確かに、普通のハマシギより嘴が長いかんじがします。

Imgp6170_

立ち姿もハマシギにくらべしゃきっとしている感じです。

Imgp6183_

2羽のウズラシギの間に挟まれてます。

Imgp6192_

まあ、夏羽のサルハマシギは間違いようがないですが、冬羽はぱっと見ハマシギと区別つきにくいです。

このへんは数多く見て経験を積まなければ・・・(^^ゞ

Imgp6209_

下の写真は二日後に撮影したサルハマシギです。同じ子か別な子かは?です。

Imgp8450_

(しばらく、好きなシギチシリーズを続けます。)

光の道

海に映り込んだ月明かりが好きです。

Imgp1410_

(K-5 FA35mm F2.8 SS0.5sec ISO400)

でも、私の腕では目で見たかんじでなかなか撮れません。

2011年5月16日 (月)

初見のマミジロ(眉白)さん

昨年はこの子を見るため、何度も山に通ったのですが一度鳴き声を聞いたぐらいで、空振り三振でした。

今年こそと思っていたところ、都市公園に雨の日に(誰かさんと同じで物好きです)行った時、偶然会うことができました。

写真は証拠写真になってしまいましたが、初見でしたので、とっても得した気分です。

Imgp0349_

後ろの草を見れば、雨が降っているのが分かりますね。

Imgp0364_

何か拾って食べました。

Imgp0374_

まあ、雨の日ですし、300mm手持ちですからこんなもんでしょう。

Imgp0378_

これも全て、鳥仲間(このお方も私と同じ物好きということになりますが・・・ごめんなさい)が見つけてくれたお陰です。ありがとうございました・・・(^^ゞ

2011年5月15日 (日)

ブッポウソウ(仏法僧)

ブッポウソウが入っているとお聞きしたので、今朝様子を見に行ってきました。

今日は三つの場所しか見てませんが、つがいと思われる二羽で入っているところと、三羽居る所とありました。

Imgp0890a_

三羽居る所の一羽は、またどこかへ行っちゃうのでしょうね・・・なんだか複雑・・・

Imgp0817_0

まあ、私にとっては今年初認ということで、これから可愛い雛が無事巣立ちするまで見守りたいと思います。

2011年5月14日 (土)

サンコウチョウ(三光鳥)初認

先日、都市公園に一日限定で入ったので、お山には入っているだろうと思い、今日上がってきました。

すると、「ホイホイホイ」と景気良く鳴いてましたわ。

ただ、れいによって声はすれど姿は見えずで、今年も手ごわいのは同じです。

ということで、空抜けの証拠写真ですが、今年の初認ということで・・・(^^ゞ

Imgp0561_

午前中、辛抱強く、良いところにとまってくれるを待ったのですが、結局一度もまともに撮影できそうなところにはとまってくれませんでした。

Imgp0565_

でも、昨年より個体数は多いみたいです。

少しはチャンスが増えるかな・・・(^^ゞ

2011年5月12日 (木)

テトラポット上のイソヒヨドリ(磯鵯)

かなり前に撮影したイソヒヨドリの♀です。

ハジロカイツブリを撮影していた時、テトラポットの上で愛想を振りまいてくれたとっても良い子です・・・(^^ゞ

Imgp2585_

私の散歩コースでも、この時期になると巣材を運んでいるイソヒヨドリをよく見かけるようになります。

Imgp2560_

♂は、この風体とは考えられないような可愛い声で囀ってくれますね。

Imgp2583_

【おまけ】

昨日の通勤鳥見です。

ハマシギは数えただけで400羽オーバーでした。

Imgp0233_

キョウジョシギが1羽だけ戻っていました。

Imgp0288_

チュウシャクシギは相変わらずです・・・(^^ゞ

Imgp0269_

こちらは、家の前でみたソリハシシギさん

Imgp0230_

実は、今日の帰り道に濃霧の河口で、いやなシーンを見てしまいました。

まず不思議だったのがこの子たちが一羽もいなかったことです。なぜかな~と濃霧の中を見つめると、ミサゴと思った猛禽はハヤブサでした。

そのハヤブサがしきりに同じ牡蠣棚の上をつっこんでいます。

近くで見ようとそばまで寄り、双眼鏡で覗くとハヤブサがシギをつかみました。

そのシギチはすぐにソリハシシギと分かりました・・・自然の摂理とはいえ目の前でジタバタしているソリちゃんを見ると、悲しくなってきました。

2011年5月11日 (水)

フクロウ(梟)

お山に上がったら、辺りはまだ明るいところで、「ふぉふぉっふぉふぉっふぉ~」とフクロウの鳴き声が・・・

どこで鳴いているのか鳴き声の方向を探すと、松の木の上にいました。

Imgp4187_

良く見ると、愛くるしい顔してます。

Imgp4165_

そうこうしてると、飛んで、お山の奥深くに帰っていきました。

Imgp4118_ 

飛翔姿を横から見ると、コミミズクによく似てますね。

2011年5月10日 (火)

茶色のベレー帽が素敵なウズラシギ(鶉鴫)

明るい茶色のベレー帽がとっても似合うウズラシギさんですが、ここのところ良く見かけます。

Imgp1717_

この子は1羽で佇んていましたが、3~4羽単位でいることもあります。

Imgp1722_

今年はウズラシギの個体数が多いのかもしれません。

Imgp1719_

昨年は一度も出会えませんでしたが、見れる時には沢山見れるものですね~

Imgp1724_

【おまけ】

今日の通勤鳥見・・・

現在の主役はなんといってもハマシギです。ざっと数えただけでも150羽以上います。

Imgp0107_

そしてここでも、ウズラシギが!

Imgp0136_1

今日、あらたに(再び)立ち寄ってくれたのは、キョウジョシギ(5羽)です。

Imgp0197_1

あとは、チュウシャクシギとキアシシギです。

渡りの時期を過ぎると、ここに残ってくれるのはキアシシギ、ソリハシシギ、イソシギになってしまします・・・・寂しくなるな~

2011年5月 9日 (月)

トラクタが大好きなアマサギ(猩々鷺)

田んぼをトラクタで耕しているところに、サギ達が群がっていました。

鳥友になぜ?と聞くと、トラクタで耕すと、下から虫が出てくるのでそれをサギ達が良く知っていて、集まるのだそうです。

う~ん、これぞ生活の知恵ですね~

トラクタが徐々に近づいてきます。手前から、アマサギ、ダイサギ、一番奥がチュサギと思います。

Imgp1739_

一番最初にダイサギが飛んで、その次にチュウサギが飛ぼうとしてますが、アマサギはまだ悠然としてます。

Imgp1744_

そして、ここまで迫った時に、ようやく逃げました。

Imgp1748_

でも、またすぐに戻ってきます。

Imgp1752_

足の指はけっこう長いんですね。

Imgp1730_

この時期のアマサギは綺麗です。

Imgp1751_

2011年5月 7日 (土)

夏鳥探して

夏鳥探しに裏山に上がってきました。

まず出迎えてくれたのはキビタキさん。

Imgp5895_

後頭と初列雨覆に褐色味の羽が残っているので、第一回冬羽から第一回夏羽への換羽中の個体と思います。

Imgp5882_

上の方で鳴き声はしてるのになかなか降りてくれなかったオオルリさん。見ると♀でした。どうりで鳴き声が少し変な感じと思ってました。

Imgp5891_

芝生の上にはクロツグミ♂。

Imgp8951_

Imgp9019_

なかなか明るいところに出てくれないクロツグミ♀。

Imgp9040_

できれば、オオルリ♂に出会いたかったのですが、まあ♀がいるということは♂のほうにもそのうち出会えるでしょう。

そのほかに、ツツドリの声も聞こえてましたが、姿が見えるところに出てくれませんね~

冬鳥が帰りさみしくなっていましたが、里山もようやくにぎやかになってきました・・・(^^ゞ

2011年5月 6日 (金)

我が物顔のキョウジョシギ(京女鷸) ~ キアシシギ編

連休前の通勤時に撮影した、キョウジョシギです。

前回は、ハマシギ相手に「そこのけ」をやっていたのですが、今度は自分より大きなキアシシギ相手に「そこのけ」をやってます・・・(^^ゞ

Imgp3735_

キアシシギが慌ててますね。

Imgp3732_

京女とはよく書いたもので、ひと際艶やかです。

Imgp3729_

ここは、こんな感じのところで、潮が高いと牡蠣棚の上に沢山のシギ達が集まる場所です。

Kakou

大きめなシギはチュウシャクシギで写っているだけで95羽います。小さめのシギはハマシギで40羽写ってます。

潮がひくと、干潟が出ます。シギ達には、安心できる場所なんでしょうね~

2011年5月 5日 (木)

ホオアカ(頬赤)

ホオアカと二度目の出会いができました。

よく見れるところでは、あまり珍しくない鳥さんかもしれませんが、私が住んでいる周辺ではなかなかホオアカを見ることができないので、出会えるとやはり嬉しいですね~

Imgp7614_

ホオアカは留鳥なんですね。でも、出会うのは冬に多いらしいです。

Imgp7677_

胸のクリーム色、グレーの頭に赤い頬のコントラストが素敵な鳥さんです。

Imgp7648_

道端に降りて、餌を探してました。よく見ると、尾羽をピンと上げてますね。

Imgp7708_

次に会えるのは来冬かな~

2011年5月 3日 (火)

初めての見島探鳥

4月30日~5月1日にかけて、初めての見島探鳥に行ってきました。

初日の天気はまずまず(時折小雨が降りましたが、たいしたことなし)でしたが、翌日は朝から強い雨と強い風・・・どうなることかと思いましたが、その雨も午前中には止みました。

でも終始強い風には悩まされ、さすがに離島だな~と思いました。

鳥種は、例年より渡りが遅れているのか少なめということでしたが、私にとっては、あることを除けば※大満足の二日間でした。

萩港から見島行き高速船(おにようず)の出発時間まで間があったので、萩城跡で暇つぶしの探鳥。

そこで、最初に見た鳥さんは愛想のよいキビタキ(黄鶲)でした。

Imgp4319_

キビタキと遊んでいたら、あっというまに時間が過ぎて、出発時刻に・・・

見島までの波は行きはそうでもありませんでしたが、帰りはかなり高い波・・・それでもこの「おにようず」はびくともせず、姿勢制御がしっかり働いています。普通の船なら欠航だと思います。

Imgp4326_

甲板では、本村に行くまでにオオミズナギドリを見つけましたが、豆粒でした・・・(^^ゞ

この本村~宇津間でようやく、オオミズナギドリを近くで見ることができました。

オオミズナギドリと思ったら、セグロカモメ ウミネコ(Monarchさんに教えていただきましたm(_ _)m)の第一回冬羽のようです。

Imgp4350_

Imgp4352_

シグマAPO50-500mmのズームで撮影したのは、結局このウミネコ セグロカモメ オオミズナギドリだけ※・・・(>_<)

宇津港に着いてからしばらく浜方向に向かって歩いていると、バーダーの方からヤツガシラ(八頭)が居ると教えていただきました。(ほんと、お世話になりました。)

Imgp4377_

Imgp4485_

私にとっては、1年と半年ぶりの再開でした。しばらく様子を見てましたが、なかなか自慢の換羽を広げてくれず、先に進みました。

Imgp4492_

※狭いところを、ムシクイ探して歩いていたところ、段差に気づかずにつまずいてしまい、ズームレンズ毎、こけてしまいました。膝は大したことなかったのですが、ズームレンズのAFが動きません。なぜに?と思ってピントリングをマニュアルで動かしても焦点が合わず・・・ここにきて、ズームレンズがただの重りになってしまいました・・・皆さん、足元には十分注意しましょうね~(^^ゞ

気を取り直して、木の中から出てきた鳥さんを撮影してみると、コホオアカ(小頬赤)でした。

Imgp4607_

木にとまったところを見ると、二羽いました。

Imgp4684_

Imgp4723_

奥の水田では、ウズラシギ(鶉鴫)が一羽で餌を探してました。

Imgp4634_

シギ類の入りは、とても少なかったですね~

Imgp4642_

山道を上がっていくと、藪から藪に飛び交う無数のムシクイの群れに遭遇。

Imgp4731_

イイジマムシクイが入っていると聞いていたので、もしやと思いましたが、センダイムシクイ(仙台虫喰)でした。

Imgp4743_

ムシクイの群れを見るのは初めてでした。

山道をさらに歩いていると、猫に遭遇・・・なにやら通行料をよこせと言わんばかりにこちらを睨んでました。

Imgp4747_

山の中では、いろんな鳥さんに出会えましたが、一瞬で藪のなかに入るのでまともに観察できず、鳥種を同定できませんでした。

時間がないので、そのまま山を下りて港付近で愛想の良いカワセミ(翡翠)に遭遇。

Imgp4766__2

港にでると、タイワンハクセキレイに出会いましたが、ブレブレの写真ばかり・・・

堤防付近を歩くと、タヒバリ、ビンズイ、キセキレイ、ノビタキ達に出会い、奥の方にいる鳥を良く見ると、ムネアカタヒバリ(胸赤田雲雀)が一羽で佇んでいました。

Imgp4807_

この子を撮影したころから、辺りは暗くなってきたので、宿のある本村方向に急いで戻ります。

山を越えて、水田を見ると、アオアシシギが10羽いましたが、あっというまにいなくなり撮影できず。

電線には、マヒワの群れ。人がいなくなったら、畑におりて、タンポポの種子を食べてました。

高く伸びた庭木に止まっていたのは、アトリ(花鶏)の群れでした。

Imgp4904_

アトリが去ったあとにコムクドリ(小椋鳥)がとまってくれました。

Imgp4926_

どうやら、♂と♀の二羽のみ。

Imgp4922_

そのまま、海岸に歩いて行くと、クロサギ(黒鷺)に遭遇。なんか、岩の色が白っぽいですね。

Imgp4986_

お花畑みたいなところに行くと、その上にノビタキ(野鶲)が止まってました。

Imgp5007_

ノビタキは野原にはかなり入っている感じでした。

Imgp5147_

この野原に、ノジコも居ましたが、うまく撮影できず、翌日に再チャレンジすることとし、宿へ直行。

旅館の、夕食はとても美味しく、風呂に入り部屋に戻ると、バタンキューでした。

目が覚めると、昨日と一変。風が更に強くなり、時折強い雨が降ります。

朝一番は友人から聞いていた、チョウセンウグイスを見るため4時間粘りましたが、その美しい囀りを聞いて、一瞬姿を拝ましてもらって終了・・・

再び、昨日の野原に行くと、ノジコ(野路子)♂二羽に出会うことができました。

Imgp5272_

白いアイリングがとても印象的ですね。

Imgp5298_

Imgp5366_

ここから、シギチを探しに、水田に・・・そこで、再び沢山のタイワンハクセキレイ(台湾白鶺鴒)に出会えました。

Imgp5503_

背中がグレーなのが特徴らしです。

Imgp5460_

会える時には沢山会えますね~

Imgp5457_

さらに進むと、一羽のメダイチドリ(目大千鳥)が虫をゲットしてました。

Imgp5589_

周りでは、三羽のトウネンがはばをきかせてました。

Imgp5599_

その他、この水田には、ムナグロ二羽とコチドリ一羽いました。

続いて見つけたのが、背中がグレーでセキレイみたいなのに胸に縦斑がある子・・・なんだなんだと撮影しましたが、結局普通のタヒバリ(田雲雀)でした。

Imgp5618_

その先を歩いていると、途中で出会ったバーダーに教えていただき、コシャクシギ(小杓鴫)を見ることができました。親切なバーダーのありがたみをしみじみ感じました。(あらためてお世話になりました。)

Imgp5675_

草原の奥で首を縮めて一羽佇んでいました。

Imgp5715_

首を縮めていると、コシャクシギらしくないですが、伸ばすと図鑑にのっているコシャクシギらしくなります。

Imgp5723_

コシャクシギが居た奥には、アマサギ(飴鷺)とチュウサギが沢山いました。

嘴の色も赤くなり、婚姻色になってますね~

Imgp5740_

餌を探して、捕まえたと思いシャッターをきると、カエルでした・・・(^^ゞ

Imgp5755_

シベリアジュリンが居ると聞いていたススキ原で見つけた鳥さん・・・ゲットか?と思いましたが、良く見ると、スマートなノジコでした。

Imgp5781_

最後は、シベリアアオジが出た野原を探して、出てくれたカシラダカ(頭高)の♂です。

Imgp5811_

まだまだ、色々見たい鳥がいたのですが、ここでタイムアップ!二日間三人で見つけた鳥種数は48種。初見の鳥も5種増えて、私の鳥撮種類数も226種に・・・年内に250種に届くかな~

ズームレンズを壊したのは痛かったですが、現地の人の温かい声かけもいただき、とても楽しい探鳥旅行でした。

« 2011年4月 | トップページ

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31