« 光の道 | トップページ | オジロトウネン(尾白当年) »

2011年5月17日 (火)

サルハマシギ(猿浜鷸)

昨年見逃したサルハマシギさんに、今年は運よく出会えることができました。

春の渡りの時期には普段見られないシギが入ってくれますね。

ただ、滞在期間はその日のうちに抜けることも多いので、この時期はできるだけシギに絞って通ってないと見逃してしまいます・・・(^^ゞ

この日も偶然ビロキンさんと出会えてなければ、見逃していたことでしょう。(お世話になりました。)

1羽のサルハマシギが2羽のウズラシギと一緒にいました。

Imgp6135_

確かに、普通のハマシギより嘴が長いかんじがします。

Imgp6170_

立ち姿もハマシギにくらべしゃきっとしている感じです。

Imgp6183_

2羽のウズラシギの間に挟まれてます。

Imgp6192_

まあ、夏羽のサルハマシギは間違いようがないですが、冬羽はぱっと見ハマシギと区別つきにくいです。

このへんは数多く見て経験を積まなければ・・・(^^ゞ

Imgp6209_

下の写真は二日後に撮影したサルハマシギです。同じ子か別な子かは?です。

Imgp8450_

(しばらく、好きなシギチシリーズを続けます。)

« 光の道 | トップページ | オジロトウネン(尾白当年) »

BORG」カテゴリの記事

K-5」カテゴリの記事

ウズラシギ」カテゴリの記事

サルハマシギ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

私もサルハマは久々だったので、嬉しかったです。もう少しいてくれたら、真っ赤になったのにと思いました。羽がすり切れて、赤くなるそうですので。最近は写真を撮らないので、レンズが腐りそうです。

ビロキンさん、こんばんは。

その節は大変お世話になりました。
あの時出会えなければ、サルハマシギは多分通り過ぎていたと思います・・・(^^ゞ
「羽がすり切れて赤くなる」ですか・・・なるほど、生き物の世界は奥が深いですね。
サルハマシギは昨年も入ったみたいなので、毎年この時期に通えば、いつか真っ赤な子にも出会えるかもと楽しみにしております。
(レンズが腐る前に、野鳥相手に虫干ししましょう・・・!)
今後もよろしくお願いします。

こんばんは!
サルハマさんゲットおめでとうございます!
会えそうで会えない鳥で、僕はまだ見た事がありません。
今年はウズラシギが多いですね。

mitsuさん、お久しぶりです。

サルハマシギ、西から東に移動しているみたいなので、そちらでも見れるかも。
それにしても行動力満点ですね・・・ヒメイソヒヨ見させてもらいました。綺麗な鳥さんですね。裏山鹿・・・(^^ゞ
また、フィールドでお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 光の道 | トップページ | オジロトウネン(尾白当年) »

カテゴリー

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31