カテゴリー「ヒバリ」の8件の記事

2010年11月 2日 (火)

タゲリ(田鳧)

先日の蓮田にいたタゲリです。

Imgp2167_

曇ってたので、あの綺麗な羽の色がでなかったのは残念ですが、この秋も可愛い顔に会えました。

Imgp2304_

オバQの冠羽は健在ですね~

Imgp2184_

お食事ゲットしたみたい・・・なんかの虫みたい

Imgp2190_

この子は、同じ田にいたケリさん。

Imgp2271_

この子は、尻尾を振ってなかったので、たぶんヒバリ。

(ムネアカに会えませんね~)

Imgp2364_ 

久々に会えたクサシギさん

Imgp2162_

2010年8月27日 (金)

自転車通勤のすすめ

自転車通勤を再開して、2カ月が過ぎました。

もともと、メタボ対策で始めたんですが、成果は△1kgです。

7年前に同じチャレンジした時の日付と体重減のグラフが下図です。

Photo

この時は2カ月経過で3~4kg減ってますが、今回はなかなか落ちません。

まあ、前回は油ものとかコーヒーも制限してたので今回とは気合いが違ってましたが・・・

(今回は自転車通勤のみで、食事制限ゼロ・・・)

ただ、体脂肪率は確実に減っているので、まあ長い目でみることにします。

自転車通勤で良いことはまだあります。

環境にいいのは当然ですが、通勤の間に鳥見も自由に出来るようになりました。

通勤時間内での鳥見は、朝(つまり行き)が約30分、お昼休みが約20分、夕(つまり帰り)が約30分でトータル1時間30分です。

でもこの1時間30分が私にとっては貴重な時間なのです。

今日見た鳥さん達は、朝から順番に並べると、

八幡川河口にて、

カワセミさんのホバ

Imgp1625_

太田川河口にて、キアシシギさん

Imgp1646_

お昼休みに入って、太田川河口で、ソリハシシギさん

Imgp1670_

西飛行場裏で、ヒバリさん

Imgp1673_

会社近くの用水路で、カワセミさん

Imgp1697_

帰り道、八幡川河口にてキアシシギさん

Imgp1892_

オバシギさん

Imgp1852_

自宅前の御手洗川河口に着くのが7時過ぎです・・・

Imgp1903_

さあ、このブログを読まれてるあなた、そうあなたですよ。

自転車通勤を始めませんか。

今から、秋に入ると、朝の風がとても気持ち良くなります。(今は暑いですが・・・)

2010年6月16日 (水)

ヒバリ(雲雀) ~ 飛びもの練習

梅雨入りしましたが、今日は暑かったですね~

昼休みの楽しみがこの雲雀さんです。

囀りながら、空高く上がって行く様子が面白く、飛びものの練習がてら撮影してます。

かつては飼いならした雲雀を籠から出して、囀りと上昇した高さを競う遊びがあり、「揚げ雲雀」と呼ばれていたとのこと。(週刊野鳥の世界より)

Imgp2773_

Imgp2738_

Imgp2776_

後は、いつもの飛びものです。

Imgp2653_

Imgp2780_

Imgp2920_

少しずつ、歩留まりが上がってきたような・・・ツバメでの練習の成果が・・・(^^ゞ

2010年6月 4日 (金)

ヒバリ(雲雀) ~ 飛びもの練習

昼休みや会社の帰りの時間を利用して、動きのゆったりしたヒバリさんで飛びもの練習中です。

なかなか卒業できないので、卒業するころにはツバメが居なくなりそうです・・・(^^ゞ

飛び出しシーン(AF-C)

Imgp0793_

流し撮り(AF-C)

Imgp1046_1

徐々に、K-xのAF-Cがヒバリに食いつき始めました。

Imgp1292_

今日も居ました・・・(^o^)

2010年6月 1日 (火)

ヒバリ(雲雀)

今日も、雲雀さんと遊んでもらいました。

昨日の飛びものは、置きピンでの飛び出しシーンでしたが、今日は流し撮りを・・・

Imgp0668_

まだまだ修行の身です・・・(^^ゞ

ディアゴスティーニの「野鳥の世界」を見ると、昨日載せたホバして徐々に上昇しながら囀るのは、やはり繁殖期に見られる行動とのことでした。

Imgp0714_

Imgp0715_jpg

Imgp0717_

徐々に上昇しながら、一生懸命囀ります!

Imgp0754__2

Imgp0679_

これは当分楽しませてくれそうです。

アンテナの上では、オオヨシキリがこれまた大きな声で囀っていました。

Imgp0522_

2010年5月31日 (月)

ヒバリ(雲雀)

天気も良い日が続きそうなので、久しぶりに自転車通勤。

自転車はおじさんに優しい愛車4号のSPECIALIZED Sequoia eliteです。サドルもSPECIALIZED BG2 SPORTで男性に優しい仕様です。

Imgp0478_

会社までは片道13kmくらいで、普通に走れば40分弱で着くはずなのですが、休憩時間が長く、結局1時間30分・・・・(^^ゞ

休憩時間の中でしばし鳥さんと戯れます。

Imgp0485_

相変わらず、一生懸命囀っていますが、今朝気づいたことが一つあります。

それは、ホバしながら囀って、囀りながらドンドン高く上がっていくのです。

より高い位置から囀って、何かを誇示したいのでしょうか・・・

Imgp0487_

最後、色気を出して飛びものを・・・AF-Cなのでピントを草むらに持っていかれてます。

Imgp0516_

修行が足りません。燕の前に雲雀で修行しなくては・・・

昨年の夏以来、自転車にまたがりましたが、やっぱり気持ち良いです。

今度はいつまで続くか・・・(^^ゞ

2010年4月14日 (水)

ヒバリ(雲雀)

春らしくヒバリさんです。

昼休みに芝生で休憩していると、二羽で仲良く降りてきて、芝生をつついています。

ジッとしていたら、かなり近くまで寄ってくれます。

Imgp9353_

Imgp9360_

図鑑を見ると、♂♀はほとんど同じであるが、♀は冠羽を立てることは少ないとのことです。

ということは、こちらが♀かな?

Imgp9359_

う~ん、分かりません。

2009年11月14日 (土)

ヒバリとホシムクドリ ~ レンコン畑にて

レンコン畑でチョロチョロする鳥を見つけました。

図鑑で調べるとタヒバリに似ています。

(自信なしです。ヒバリ類の判別も手ごわいですね。)

追記)南郷力丸さんに教えていただき、お尻は振っていなかったのでヒバリと判明しました。下のヒヨドリと書いたものは、ホシムクドリと判明しました。(いつもありがとうございます)

Imgp2624_

(K20D BORG77EDⅡ+ACクローズアップNo3+AFアダプタ1.7X 1/800 ISO640 トリミング)

二羽でつるんでいました。

Imgp2635_

(K20D BORG77EDⅡ+ACクローズアップNo3+AFアダプタ1.7X 1/640 ISO640)

やはり少しは緑がないと・・・ねぎかな

Imgp2642_

(K20D BORG77EDⅡ+ACクローズアップNo3+AFアダプタ1.7X 1/1000 ISO400 トリミング)

ちょこまか動くのですが、なかなか水面に映る位置に来てくれません。

Imgp2649_

(K20D BORG77EDⅡ+ACクローズアップNo3+AFアダプタ1.7X 1/800 ISO400 トリミング)

レンコン畑に行く途中、電線にとまっていたグレーの鳥発見。見るからにヒヨドリに見えるのですが、トレードマークのほっぺの茶色がないですね。

ヒヨドリの幼鳥なのかな?

⇒ホシムクドリと判明。ホシムクドリ、図鑑では数少ない冬鳥で、増えつつあると書いてありましたので、山口でも見れたということは本当に増えているのでしょうね。広島の地御前ではまだ見たことないです。

Imgp2606_

(K20D DA★300mm F7.1  1/800 ISO200 トリミング)

Imgp2610_

(K20D DA★300mm F7.1  1/800 ISO200 トリミング)

Imgp2611_

(K20D DA★300mm F7.1  1/800 ISO400 トリミング)

その他のカテゴリー

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG BORG D FAマクロ50mm DA16-45mm DA18-55mm DA50-200mm DA55-300mm DA★300mm F AFアダプター1.7X FA35mm K-5 K-x K20D Kenko 800mm/F8 M50mm/F1.7 M80-200mm/F4.5 M★67 400mmF4 Tamron A18 18-250mm アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカアシチョウゲンボウ アカショウビン アカハジロ アカハラ アトリ アマサギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオバン オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キガシラシトド キガシラセキレイ キジ キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キンクロハジロ ギンムクドリ クサシギ クマタカ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケリ コアジサシ コイカル コオバシギ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サルハマシギ サンコウチョウ サンショウクイ シギ シジュウガラ シノリガモ シマアジ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シロチドリ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイワンハクセキレイ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ニュウナイスズメ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラシギ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムクドリ ムシクイ ムナグロ ムネアカタヒバリ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマセミ ヤマヒバリ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ レンズ 夜景 天体 情景 昆虫 柴犬 機材 自転車 花火 野鳥 風景 飛びもの

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30