カテゴリー「ハイイロチュウヒ」の4件の記事

2011年3月11日 (金)

コミミズク(小耳木菟) ~ 後編

東方遠征のラスト(第四弾)の後編は、コミミズクの飛びものです。

ピントは多少はずれても確実なMFでいくか、楽なAFでいくか迷いましたが、そんな悠長なことをいっている時間もないので、そのままAFで撮影しました。

この広大な葦原をバックに飛ぶコミミズクが素敵でした。

Imgp7937_

(APO 50-500mm ISO3200)

Imgp7497_

(BORG77EDⅡ ISO1600)

到着した時刻も遅いので、ISOは1600~3200で撮影してます。

BORGで6枚の連射。

Imgp7731_

Imgp7735_

Imgp7736_

Imgp7737_

Imgp7738_

Imgp7739_

でも、なかなか目にピントがきませんね~

APO 50-500mmでの連射。

Imgp7956_

Imgp7957_

Imgp7958_

シグマのズーム(APO 50-500mm)はすべて手持ち撮影ですが、よく写りますね。

私にはこれで十分な気がします。

この種の猛禽類を撮影するのは、やっぱり手持ちが圧倒的に自由度がありますね。

でも、決まるとBORGに軍配が上がります。

目にピントがかろうじてきたかな?と思うのは、結局この2カットでした・・・(^^ゞ

Imgp7827_

Imgp7828_

この後もコミミズクさんは、元気いっぱいに飛んでくれてましたが、私に許された時間は1時間でしたので、後ろ髪引かれる思いで撤収しました。

コミミズクと一瞬だけ絡んでくれたハイイロチュウヒ♀も居ました。

Imgp7880_

(APO 50-500mm)

今回の旅の締めくくりとしては、とても有意義な撮影でした。

事前計画で色々とお世話になった鳥友に感謝するとともに、帰らずに残っていてくれた鳥さんに感謝です。

(今日が先週だったらと思うと複雑な気持ちです。大地震で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた故人のご冥福をお祈りします。)

2011年1月29日 (土)

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)とチュウヒ(沢鵟)

ハイチュウの♂を見たくて出かけたが、結局♂がご帰還したのは17時ごろでしかもそのまま降りて終了!

ご帰還時の一回りサービスも見られなかった。(まあ、見れただけでももうけもんか。)

ということで、ハイイロチュウヒの♀とチュウヒ(♂♀はわからん)は、機嫌よく回ってくれた。

ハイイロチュウヒの♀から

Imgp8460_

Imgp8462_

この後、旋回して突然目の前に・・・とうぜんファインダーに入れそこない・・・しかも逆光じゃし。

Imgp9456_0

次はチュウヒさん。

Imgp8763_

山が入ると少しは感じが出ます。

Imgp8772_

なんとなく羽の上面が青っぽいので、♂かな?(ぜんぜん自信なし)

Imgp8787_

これくらいで飛んでくれると、双眼鏡でもはっきり見えます。

Imgp8800_

修行はまだまだ続きます・・・(^^ゞ

2010年11月14日 (日)

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)

昨日のハイイロチュウヒです。

天気は最悪、くもり空に黄砂で視界も悪しと、また言い訳から入ります・・・(^^ゞ

私が到着した時には時すでに遅しで、♂は飛んだ後でした。

ということで、前回見れなかった♀のハイイロチュウヒが見れました。

Imgp5521_

遠い上になんか被ってますね・・・

Imgp5524_

腰が白いのが特徴ですね。

Imgp5550_

まあ、これで♂♀見ることができました。今度はもう少し近くで見たいです・・・そう簡単にはいきませんね。

Imgp5541_

2010年11月 8日 (月)

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)

ハイイロチュウヒを初見してきました。

この日は、雨交じりの曇りで、飛んでくれたのは15時30分以降なので、白くもやった雰囲気の上に、被写体までが遠かったです。

とかなんとか書いても、言い訳にしか聞こえないのでやめます。

雰囲気でハイイロチュウヒの♂と分かる程度の証拠写真ですが、私にとっては初見初撮りでした。

Imgp4307_

Imgp4480_

Imgp4342_

Imgp4335_

まあ、初めてのところでの初物はこんなもんです。

見れただけでも幸せです。

次回までに傾向と対策を考えてリベンジですわ。

その他のカテゴリー

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG BORG D FAマクロ50mm DA16-45mm DA18-55mm DA50-200mm DA55-300mm DA★300mm F AFアダプター1.7X FA35mm K-5 K-x K20D Kenko 800mm/F8 M50mm/F1.7 M80-200mm/F4.5 M★67 400mmF4 Tamron A18 18-250mm アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカアシチョウゲンボウ アカショウビン アカハジロ アカハラ アトリ アマサギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオバン オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キガシラシトド キガシラセキレイ キジ キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キンクロハジロ ギンムクドリ クサシギ クマタカ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケリ コアジサシ コイカル コオバシギ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サルハマシギ サンコウチョウ サンショウクイ シギ シジュウガラ シノリガモ シマアジ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シロチドリ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイワンハクセキレイ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ニュウナイスズメ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラシギ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムクドリ ムシクイ ムナグロ ムネアカタヒバリ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマセミ ヤマヒバリ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ レンズ 夜景 天体 情景 昆虫 柴犬 機材 自転車 花火 野鳥 風景 飛びもの

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31