カテゴリー「ハギマシコ」の4件の記事

2011年2月16日 (水)

堤防沿いに集まったハギマシコ(萩猿子)

先月の八幡川探鳥会に引き続き、ハギマシコが1羽から6羽に増えてました。

しかも、堤防の斜面で小さな種子みないなものを一生懸命、食べてました。

Imgp3463_

よほど、お山に食べものがないのか・・・海辺の土手に集まってくるとは・・・

Imgp3415__2

2011年1月25日 (火)

探鳥会に参加して思う

京都で始めた鳥撮ですが、京都でも鳥の写真を撮影するには、まず
 1.探鳥地を知ること(つまり、鳥の居る場所を知ること)
 2.鳥の習性や生態を知ること
と、尊敬している先輩バーダーから教わりました。

鳥を撮影するのは、それからでも遅くないと。
また、この、二つを地元で勉強するには、まずは探鳥会に参加するのが一番の早道だと聞いてました。

京都では結局中途半端な状態で終わってしまい、探鳥会にも参加せずじまい。
広島に戻って1年4ヶ月経過しましたが、やはり探鳥会には一度も参加してませんでした。

理由は、なんか敷居が高いのではとか、勝手に想像して敬遠してました。
先週は、柳生会長も参加されることや、お目当ての鳥さんも気になっていたので探鳥会に初参加しました。

参加して思うことは、敷居は全然高くなく、皆さんとっても親切でフレンドリーでした。
野鳥のことは、出版されている本を読めばある程度知ることができますが、地元に特化した話は書物にもなく(ひろしま野鳥図鑑※は別格ですが・・・)
やはり、この道うん十年?という御仁に生の話を聞くのとは大違いであり、この会話が一番為になると感じました。

※:地元の野鳥図鑑がない県もあるので、広島県はまだ幸せですね・・・(^.^)/

自分一人で、野鳥のことを知るのは限度があります。
これから野鳥に興味をもって、観察なり写真撮影なりされる方は、躊躇なく
探鳥会に参加することをお勧めします。

探鳥会で出会えた鳥達です。

ウミアイサ(海秋沙) ・・・ とっても綺麗!

Imgp8999_

クロガモ(黒鴨) ・・・ 見たいと思っていた鳥さんでしたが、遠かった (^^ゞ いつか♂に合ってみたい!

Imgp9042_

ホオジロガモ(頬白鴨) ・・・ 頬が真っ白!

Imgp9427_

ハギマシコ(萩猿子) ・・・ ここで会えるとは思いもよりませんでした。いつもお山で群れで見ていた鳥さんなのに、1羽だけでポツンと・・・どうしたのかな?

Imgp9264_

オオモズ(大百舌) ・・・ 遠目でみて普通のモズやと見過ごすところでしたが、そこはベテランバーダーさんのおかげで、見れました。さすがやな~

Imgp9297_

チョウゲンボウ(長元坊) ・・・ 遠くて長いことホバしてました。この後カラスとのバトル

Imgp9379__2

ベニマシコ(紅猿子) ・・・ これまたビッビッビポと声はすれど姿が見えずでしたが、他のバーダーさんが見つけてくれました。♂が上で♀が下にいます。

Imgp9422_   

初見のカモ3種に出会えて、累積鳥撮200種に達成できたのがうれしいです。

皆で楽しく鳥見できたらな~

2010年12月 4日 (土)

ハギマシコ(萩猿子)

また、ハギマシコに会いに行きました。

ハギマシコといったら♂の胸のローズ色が特徴ですが、嘴の黄色もワンポイントで可愛いです。

Imgp9577_

左が♂で右が♀かな?

Imgp9595_

こちらは、左が♀で、右が♂のよう。ちょっと、明るすぎですね~

Imgp9613_ 

フカフカ羽毛で真丸・・・(^^ゞ

Imgp9638_

また、会いましょう!

Imgp9684_

2010年11月28日 (日)

ハギマシコ(萩猿子)

今日のお山は特別寒かったです。

下界の方は、晴れてたのに山を上がるにつれてだんだん曇って来て、ついにはみぞれみたいな雪がぽっぽ降ってきました。

おまけに視界は、20~30m・・・強風が吹き荒れ体感温度はどんどん下がっていきます。

そんな中、ハギマシコは降りてきてくれました。

Imgp8933_

午前中は全く天気が好転する気配なし。

それでも待っていたら、14時過ぎにようやく雲の切れ目から日が差してきたところに、高~い枝にとまってくれました。

ハギマシコも寒いんでしょうね。真ん丸になってました・・・(^^ゞ

Imgp8919_

とにもかくにも初見できたので、寒さも吹っ飛びました。

Imgp8962_

天気が良い日にリベンジしたいです。

その他のカテゴリー

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG BORG D FAマクロ50mm DA16-45mm DA18-55mm DA50-200mm DA55-300mm DA★300mm F AFアダプター1.7X FA35mm K-5 K-x K20D Kenko 800mm/F8 M50mm/F1.7 M80-200mm/F4.5 M★67 400mmF4 Tamron A18 18-250mm アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカアシチョウゲンボウ アカショウビン アカハジロ アカハラ アトリ アマサギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオバン オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キガシラシトド キガシラセキレイ キジ キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キンクロハジロ ギンムクドリ クサシギ クマタカ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケリ コアジサシ コイカル コオバシギ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サルハマシギ サンコウチョウ サンショウクイ シギ シジュウガラ シノリガモ シマアジ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シロチドリ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイワンハクセキレイ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ニュウナイスズメ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラシギ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムクドリ ムシクイ ムナグロ ムネアカタヒバリ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマセミ ヤマヒバリ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ レンズ 夜景 天体 情景 昆虫 柴犬 機材 自転車 花火 野鳥 風景 飛びもの

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31