カテゴリー「K-5」の171件の記事

2011年5月18日 (水)

オジロトウネン(尾白当年)

越冬していた可愛いオジロトウネンが夏羽にならないかな~と、長~く待っていましたが、ようやく夏羽のオジロトウネンに出会えました。(越冬組と同じ個体か分かりませんが・・・)

Imgp6638_

尾の両側は確かに白いです。

Imgp6671_

オジロにしてもヒバリにしても小さいシギさんはとっても可愛いですね。

Imgp6910_

この子は別の場所で見かけたオジロトウネン。

Imgp4006_

2011年5月17日 (火)

サルハマシギ(猿浜鷸)

昨年見逃したサルハマシギさんに、今年は運よく出会えることができました。

春の渡りの時期には普段見られないシギが入ってくれますね。

ただ、滞在期間はその日のうちに抜けることも多いので、この時期はできるだけシギに絞って通ってないと見逃してしまいます・・・(^^ゞ

この日も偶然ビロキンさんと出会えてなければ、見逃していたことでしょう。(お世話になりました。)

1羽のサルハマシギが2羽のウズラシギと一緒にいました。

Imgp6135_

確かに、普通のハマシギより嘴が長いかんじがします。

Imgp6170_

立ち姿もハマシギにくらべしゃきっとしている感じです。

Imgp6183_

2羽のウズラシギの間に挟まれてます。

Imgp6192_

まあ、夏羽のサルハマシギは間違いようがないですが、冬羽はぱっと見ハマシギと区別つきにくいです。

このへんは数多く見て経験を積まなければ・・・(^^ゞ

Imgp6209_

下の写真は二日後に撮影したサルハマシギです。同じ子か別な子かは?です。

Imgp8450_

(しばらく、好きなシギチシリーズを続けます。)

光の道

海に映り込んだ月明かりが好きです。

Imgp1410_

(K-5 FA35mm F2.8 SS0.5sec ISO400)

でも、私の腕では目で見たかんじでなかなか撮れません。

2011年5月16日 (月)

初見のマミジロ(眉白)さん

昨年はこの子を見るため、何度も山に通ったのですが一度鳴き声を聞いたぐらいで、空振り三振でした。

今年こそと思っていたところ、都市公園に雨の日に(誰かさんと同じで物好きです)行った時、偶然会うことができました。

写真は証拠写真になってしまいましたが、初見でしたので、とっても得した気分です。

Imgp0349_

後ろの草を見れば、雨が降っているのが分かりますね。

Imgp0364_

何か拾って食べました。

Imgp0374_

まあ、雨の日ですし、300mm手持ちですからこんなもんでしょう。

Imgp0378_

これも全て、鳥仲間(このお方も私と同じ物好きということになりますが・・・ごめんなさい)が見つけてくれたお陰です。ありがとうございました・・・(^^ゞ

2011年5月15日 (日)

ブッポウソウ(仏法僧)

ブッポウソウが入っているとお聞きしたので、今朝様子を見に行ってきました。

今日は三つの場所しか見てませんが、つがいと思われる二羽で入っているところと、三羽居る所とありました。

Imgp0890a_

三羽居る所の一羽は、またどこかへ行っちゃうのでしょうね・・・なんだか複雑・・・

Imgp0817_0

まあ、私にとっては今年初認ということで、これから可愛い雛が無事巣立ちするまで見守りたいと思います。

2011年5月14日 (土)

サンコウチョウ(三光鳥)初認

先日、都市公園に一日限定で入ったので、お山には入っているだろうと思い、今日上がってきました。

すると、「ホイホイホイ」と景気良く鳴いてましたわ。

ただ、れいによって声はすれど姿は見えずで、今年も手ごわいのは同じです。

ということで、空抜けの証拠写真ですが、今年の初認ということで・・・(^^ゞ

Imgp0561_

午前中、辛抱強く、良いところにとまってくれるを待ったのですが、結局一度もまともに撮影できそうなところにはとまってくれませんでした。

Imgp0565_

でも、昨年より個体数は多いみたいです。

少しはチャンスが増えるかな・・・(^^ゞ

2011年5月12日 (木)

テトラポット上のイソヒヨドリ(磯鵯)

かなり前に撮影したイソヒヨドリの♀です。

ハジロカイツブリを撮影していた時、テトラポットの上で愛想を振りまいてくれたとっても良い子です・・・(^^ゞ

Imgp2585_

私の散歩コースでも、この時期になると巣材を運んでいるイソヒヨドリをよく見かけるようになります。

Imgp2560_

♂は、この風体とは考えられないような可愛い声で囀ってくれますね。

Imgp2583_

【おまけ】

昨日の通勤鳥見です。

ハマシギは数えただけで400羽オーバーでした。

Imgp0233_

キョウジョシギが1羽だけ戻っていました。

Imgp0288_

チュウシャクシギは相変わらずです・・・(^^ゞ

Imgp0269_

こちらは、家の前でみたソリハシシギさん

Imgp0230_

実は、今日の帰り道に濃霧の河口で、いやなシーンを見てしまいました。

まず不思議だったのがこの子たちが一羽もいなかったことです。なぜかな~と濃霧の中を見つめると、ミサゴと思った猛禽はハヤブサでした。

そのハヤブサがしきりに同じ牡蠣棚の上をつっこんでいます。

近くで見ようとそばまで寄り、双眼鏡で覗くとハヤブサがシギをつかみました。

そのシギチはすぐにソリハシシギと分かりました・・・自然の摂理とはいえ目の前でジタバタしているソリちゃんを見ると、悲しくなってきました。

2011年5月11日 (水)

フクロウ(梟)

お山に上がったら、辺りはまだ明るいところで、「ふぉふぉっふぉふぉっふぉ~」とフクロウの鳴き声が・・・

どこで鳴いているのか鳴き声の方向を探すと、松の木の上にいました。

Imgp4187_

良く見ると、愛くるしい顔してます。

Imgp4165_

そうこうしてると、飛んで、お山の奥深くに帰っていきました。

Imgp4118_ 

飛翔姿を横から見ると、コミミズクによく似てますね。

2011年5月10日 (火)

茶色のベレー帽が素敵なウズラシギ(鶉鴫)

明るい茶色のベレー帽がとっても似合うウズラシギさんですが、ここのところ良く見かけます。

Imgp1717_

この子は1羽で佇んていましたが、3~4羽単位でいることもあります。

Imgp1722_

今年はウズラシギの個体数が多いのかもしれません。

Imgp1719_

昨年は一度も出会えませんでしたが、見れる時には沢山見れるものですね~

Imgp1724_

【おまけ】

今日の通勤鳥見・・・

現在の主役はなんといってもハマシギです。ざっと数えただけでも150羽以上います。

Imgp0107_

そしてここでも、ウズラシギが!

Imgp0136_1

今日、あらたに(再び)立ち寄ってくれたのは、キョウジョシギ(5羽)です。

Imgp0197_1

あとは、チュウシャクシギとキアシシギです。

渡りの時期を過ぎると、ここに残ってくれるのはキアシシギ、ソリハシシギ、イソシギになってしまします・・・・寂しくなるな~

2011年5月 9日 (月)

トラクタが大好きなアマサギ(猩々鷺)

田んぼをトラクタで耕しているところに、サギ達が群がっていました。

鳥友になぜ?と聞くと、トラクタで耕すと、下から虫が出てくるのでそれをサギ達が良く知っていて、集まるのだそうです。

う~ん、これぞ生活の知恵ですね~

トラクタが徐々に近づいてきます。手前から、アマサギ、ダイサギ、一番奥がチュサギと思います。

Imgp1739_

一番最初にダイサギが飛んで、その次にチュウサギが飛ぼうとしてますが、アマサギはまだ悠然としてます。

Imgp1744_

そして、ここまで迫った時に、ようやく逃げました。

Imgp1748_

でも、またすぐに戻ってきます。

Imgp1752_

足の指はけっこう長いんですね。

Imgp1730_

この時期のアマサギは綺麗です。

Imgp1751_

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG BORG D FAマクロ50mm DA16-45mm DA18-55mm DA50-200mm DA55-300mm DA★300mm F AFアダプター1.7X FA35mm K-5 K-x K20D Kenko 800mm/F8 M50mm/F1.7 M80-200mm/F4.5 M★67 400mmF4 Tamron A18 18-250mm アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカアシチョウゲンボウ アカショウビン アカハジロ アカハラ アトリ アマサギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオバン オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キガシラシトド キガシラセキレイ キジ キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キンクロハジロ ギンムクドリ クサシギ クマタカ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ ケリ コアジサシ コイカル コオバシギ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コホオアカ コマドリ コミミズク コムクドリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サメビタキ サルハマシギ サンコウチョウ サンショウクイ シギ シジュウガラ シノリガモ シマアジ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シロチドリ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイワンハクセキレイ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ニュウナイスズメ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラシギ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムクドリ ムシクイ ムナグロ ムネアカタヒバリ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマセミ ヤマヒバリ ユリカモメ ヨシガモ ルリビタキ レンズ 夜景 天体 情景 昆虫 柴犬 機材 自転車 花火 野鳥 風景 飛びもの

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30